皆さん、ご機嫌いかがですか。

今年は、皆さんにとってどのような年でしたでしょうか。

早いもので、2016年も最後の放送です。
鹿角不思議研究所では、UFOはもとより、UMA、心霊、古代遺跡、超古代文明、宇宙関連など様々な不思議について幅広くご紹介してきました。
放送をお聴き頂いている方からは、時には、ちょっと物足りないのでもっと詳しく、とのお声がある半面、マニアックでよくわからない、と言ったご意見もあります。リスナーさんも様々ですので全ての方にご満足いくようにするのは難しいのですが、基本的にはできるだけ難しい専門用語等は避けるようにして、不思議なことにはあまり縁がないけど興味がある程度の方でも幾度か聴いていただくとわかるような内容にしていますので、よろしくお願い致します。

並木伸一郎d
今回は、前半で、過去に12月に英国に駐留していた米空軍基地近くで起きた有名な事件について、情報員さんからのメッセージを頂きましたのでご紹介しました。
後半では、並木氏にこの海外の事件と、月刊ムー1月号の記事「石垣島に4機のUFO編隊現る!!」について、並木氏に詳細をご紹介頂きました。紙面に紹介の写真とは別に、ビデオ映像がありますが、そこに写っているものは明らかに異なって見えるのは興味深いものです。
このような事例としては、2014年の沖縄米海兵隊による訓練に使用した照明弾の例がありますので、今回も同様のケースが疑われますが、現在までのところ米海兵隊報道部からの公式なコメントは発表されていないようです。
FullSizeRender
月刊ムー1月号 最新UFOレポート 文・並木伸一郎氏
「石垣島に4機のUFO編隊現る!!」P6参照
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
鹿角不思議研究所では、皆さんからの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◇鹿角不思議研究所では不思議情報と情報員を募集中です。

メールの宛て先は、radio@fm791.net
FAX番号は、0186-25‐8817

〒018-5201
秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM 番組名「鹿角不思議研究所」まで
放送は79,1MHz「鹿角きりたんぽFM」 

放送は、受信エリアでは79,1MHzでお聴き頂けますが、
放送受信エリア以外の地域の方は、インターネットサイマル放送と
スマホでもListenRadioなどで全国どこからでもお聴き頂けます。

詳しくは、鹿角きりたんぽFMホームページをご覧ください。
http://fm791.net/keitai/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
並木伸一郎b
顧問:並木伸一郎氏
超常現象・怪奇現象研究家
日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
米国UFO研究団体・MUFON日本代表、国際隠棲動物学会日本通信員
主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
雑誌、新聞などでも幅広く活躍中

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 <放送曜日と放送時間のご案内>

・毎週 月曜日 午後1時~1時30分
・再放送水曜日 午前9時~
・再放送木曜日 午後2時~
・再放送土曜日 夜7時~


・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏 
・BGM 吉祥姫(作曲演奏)
 「十和田高原地底都市伝説」より
 「十和田高原」「黄金平」「海幻想」「灯火の記憶」「西海の神殿」

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/?fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<情報員からのメッセージ>
こんにちは、情報員のぶちねこです。
12月という事で年末に起きたUFO事件の紹介です。
1980年イギリスの米軍基地近くの森にUFOが着陸しました。
地名よりレンデルシャムの森事件と呼ばれてます。
事件の特徴として着陸してる光る物体を複数人が同時目撃してる事です。
また、最初の事件より2日後に再度目撃があったのが珍しいです。
近くの灯台の灯りを見間違えたとの推測もありますが、 その後同じような
光る物体を見たという話も無いので これはあくまで推測と思われます。
 

◎今回は、この「レンデルシャムの森事件」 について、ご紹介いたしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
IMG_3853