皆さん、ご機嫌いかがですか。

ようやく梅雨も明け、いよいよ8月に入り本格的な夏がやってきました。
8月には怪談、心霊ものが登場する時期ですが、それは来週までお待ちいただいて、今回は、前回に続き田沢湖周辺の奇石岩のご紹介を秋田奇々怪会の鈴木陽悦氏にお話いただきました。

最初にご紹介するのは、見事な龍の巨石「青龍大権現」です。そこを訪れた当時、修行僧が龍の頭の上で何やら修行をしていたそうです。高さは20mもあろうかと思うような危険な場所だそうです。そこが、当時は夜には青いライトで照らしだされて神秘的だったそうですが、現在は不明なようです。どなたかご存知でしょうか。
続いては、寝仏様の紹介です。タイなどにあるような横向きの涅槃仏ではなく上向きに見えるので寝仏様そうです。
これらの付近にはお諸仏様として巨石群があるそうです。

最後には平将門の三女が祀られていると言われている姫塚についてのご紹介です。一説によると、妖術使い夜叉姫として知られているそうですが、過去にはその付近で撮影した写真に白い大蛇が写っていたという写真があったのです。それは、数十年前の月刊ムー誌に記事と共に紹介されていましたが、いつの号であったか定かではありません。その写真とは、何やら白いくねったようなものが写った写真でしたが、果してそれはいったい何だったのでしょう・・・

鈴木陽悦氏には、心霊特集でもご登場いただきますのでお楽しみに!

d0196724_0535037
◇鈴木陽悦氏
 「秋田SF研究所」特別顧問、「秋田奇々怪会」会長
 月刊「釣り東北」、コラム「東北見聞録~謎と不思議と珍談と」連載中
 元秋田テレビニュースキャスター、クロマンタ調査団メンバーとして活躍
 著書:「クロマンタ・日本ピラミッドの謎を追う」評論社 1993年3月発行 


<情報募集!>
「鹿角不思議研究所」では、皆様からの不思議体験や目撃情報、不思議な写真や
ビデオ映像などを募集いたします。

<情報員募集!>
「鹿角不思議研究所」では、情報員を募集いたします。
「情報員応募」とお書き頂いた上で、番組へのご意見、感想をお送りいただきますと
情報員とさせていただきます。

お名前(ラジオネーム可)、お住まい(県、市町村のみでも可)、メールアドレス、電話(電話番号は、必ずしも必要ではありません)
右側にあるメッセージ覧からお送りいただくことも可能です。(記載内容は非表示です)

メールとFAXは、下記へお願い致します。

〒018-5201
秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
mail:radio@fm791.net FAX:0186-25-8817
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛


 並木伸一郎
 顧問:並木伸一郎氏
 超常現象・怪奇現象研究家
 日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
 米国UFO研究団体・MUFON日本代表、国際隠棲動物学会日本通信員
 主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
 「封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
 「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
 雑誌、新聞などでも幅広く活動中

次回放送では、並木顧問の不思議な体験談をご紹介いたします。


心霊特集については、現在制作進行中ですが、皆さんからの不思議体験なども募集しています。

不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、番組宛てお送り下さい。


◇鹿角不思議研究所では不思議情報と情報員を募集中です。
メールの宛て先は、radio@fm791.net
FAX番号は、0186-25‐8817


〒018-5201
秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM 番組名「鹿角不思議研究所」まで


放送は79,1MHz「鹿角きりたんぽFM」
または、インターネットサイマル放送をご利用いただくと全国どこからでもお聴きいただけます。
詳しくは、鹿角きりたんぽFMのホームページをご覧ください。
http://fm791.net/keitai/


<再放送>(水)午前9時から放送
     (木)午後2時から
     (土)夜7時から

番組紹介と放送案内については、番組Facebookでもご紹介しています。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/?skip_nax_wizard=true


「鹿角不思議研究所」
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<悪の漢学者さんからの報告>
以前番組で日本各地のUFO関連施設等が話題になりましたが、岩手県北上市
には「鬼」の博物館、その名も「鬼の館」があります。
 昔ばなしに出て来るような妖怪としての鬼、なまはげ等の各地の鬼習俗等につ
いても紹介されていますが、特筆すべきは「鬼とされた人々」についての展示。
都から見ると艮(うしとら)の鬼門の方角である東北地方は都人(みやこびと)
から鬼の住む未開の地と思われていて、征夷大将軍・坂上田村麻呂の蝦夷征伐は
鬼の頭目・悪路王と戦う鬼退治だった。その辺りの歴史的な因縁も掘り下げてい
ます。北上市民憲章の冒頭は「あの高嶺 鬼すむ誇り」。北上市には鬼の面をか
ぶって舞い踊る鬼剣舞(おにけんばい)と言う郷土芸能があります。あくまでも
私個人の所感ですが、五年前の大震災の後の「焼却がれきの放射能云々」につい
ての西日本各地の反応の根底には、昔からの東北に対する蔑視、恐れがあるよう
に思われてならない。
 尚、北上市にほど近い我が水沢市では
「平和で豊かな古代東北を悪の大和朝廷が侵略して、地元の族長である英雄アテ
ルイを殺した」
「英雄アテルイは悪の大和朝廷から郷土を守るために戦った」
と言うのが公的な史観です。そのアテルイと悪路王が同一人物かどうかは諸説あ
り。うちの近所だけに田村麻呂関連のネタは他にもありますのでまた後日。 


  1Q826I02
ETV9QERI
A2QV2G3N