皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、月刊ムー2月号の並木伸一郎氏の記事紹介と宇宙探査計画に関しての話題をご紹介しました。今回も引き続き宇宙に関する話題をお送りしますが初めに情報員さんからのメールで、過去に英国で起きたUFO事件に関する情報をご紹介します。

謹賀新年

・並木伸一郎氏の「Namiki Mysstery Channel」が現在、順次配信中です。
それぞれ10数分にまとめられていますので手軽に楽しめる番組です。

※現在は第6回、ロズウェルについての2回目がアップされています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<情報募集!>

「鹿角不思議研究所」では、皆様からの不思議体験や目撃情報、不思議な写真や
ビデオ映像などを募集いたします。

<情報員募集!>
「鹿角不思議研究所」では、情報員を募集いたします。
番組へのご意見、感想をお送りいただきますと情報員とさせていただきます。

情報、メッセージをお送りいただく際は、以下の記載をお願いいたします。
・お名前(ラジオネーム可)
・お住まい(県、市町村のみでも可)
・連絡先メールアドレス
・電話番号
無しでも構いません

メールの宛て先
 radio@fm791.net
FAX番号:0186-258817

〒018-5201
秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM 番組名「鹿角不思議研究所」宛

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<鹿角不思議研究所、放送時間のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送。
・毎週月曜日、午後1時~1時30分 
・再放送:木曜日午後2時~
・再放送:土曜日夜9時30分~

◇全国どこからでも聴くことができます。

インターネットサイマル放送http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちらhttp://fm791.net/keitai/ 

<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:ナツキ
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(花巻不思議研究所)

Facebook
Twitterの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。


 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


情報員さんからのメール


群馬県の情報員ぶちねこさん。
1980年12月にイギリスで起きたUFO着陸事件、レンデルシャム事件で新たなる説が出ました。
それによると事件はイギリスの特殊部隊SAS(エスエーエス)のイタズラだったとの事です。
事件の4か月前の8月に米軍が管理するウッドブリッジ基地をソ連の特殊部隊が侵入する演習が行われ、イギリスの特殊部隊SASがソ連兵の役になりパラシュートで降下しました。
米軍の新型レーダーは布製のパラシュートを捕捉し、イギリス側は全員捕獲されてしまいました。
この時、米軍はイギリス側を「エイリアン」と呼んだそうです。
このエイリアンは訪問者、部外者といった意味合いでしたがイギリス側は宇宙人呼ばわりで屈辱的な扱いを受けたと思い、仕返しで事件を計画しました。

12月のクリスマスパーティーを邪魔するために、ラジコンで操作する凧と気球に赤や青のライトを着け、基地近くのレンデルシャムの森上空に浮遊させてUFO騒動を起こしたとの事です。
事件当時のレーダー記録を開示しない、という話もありますが新型レーダーの性能を隠す為だとしたら話は合います。
特殊部隊の演習となれば、イギリスも詳細な資料を出さないもの頷けます。
いつの日か情報公開でこの説の真偽が判明するのを願います。

参照ページ
https://drdavidclarke.co.uk/2018/12/27/who-dares-wins-britains-roswell-meets-the-sas/