皆さん、ご機嫌いかがですか。 

 先週は、アメリカ情報員、松原さんから、お住まいの地域の様子や最近のUFO情報に関してご紹介いただきました。

 今回は、月刊「ムー」6月号の並木伸一郎氏の記事について、いつものようにご本人に電話でお話しを伺いましたので、ご紹介します。記事内容など詳細は、放送をお楽しみに。

また、3日(日)は、ステイホームされている方にお楽しみ頂くための特別番組を放送しました。
放送は、午後1時から3時までの約2時間の生放送でしたが、同時に放送の様子を動画配信もしました。放送では、東京の並木氏、アメリカの松原さん、岩手県の冬桜静流さん、花巻不思議研究所の落合氏と順に電話を繋ぎでお話しを伺いました。
特番の放送については再放送がありませんが、同時配信しました動画については、番組のFacebookにリンクを貼ってあります。
https://www.facebook.com/kiritanpofm/videos/338185540482213/

IMG_1852c
現在は、毎回マスク着用しての収録です。マスクは、冬桜静流さんから提供いただきました。

  
fe26f475
 鹿角不思議研究所顧問:並木伸一郎氏 超常現象・怪奇現象研究家
日本宇宙現象研究会・会長、米国UFO研究団体・MUFON日本代表
主な著書:「未確認飛行物体UFO大全」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」、「封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり月刊「ムー」誌メインライター、テレビ番組「超ムーの世界R」出演中。超常現象研究家として、フィールドワークを基本とし雑誌執筆業など幅広く活動中

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<情報募集!>

「鹿角不思議研究所」では、皆様からの不思議体験や目撃情報、不思議な写真や
ビデオ映像などを募集いたします。

<情報員募集!>
「鹿角不思議研究所」では、情報員を募集いたします。
番組へのご意見、感想をお送りいただきますと情報員とさせていただきます。

情報、メッセージをお送りいただく際は、以下の記載をお願いいたします。
・お名前(ラジオネーム可)
・お住まい(県、市町村のみでも可)
・連絡先メールアドレス
・電話番号
無しでも構いません

メールの宛て先
 radio@fm791.net
FAX番号:0186-258817

〒018-5201
秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM 番組名「鹿角不思議研究所」宛

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<鹿角不思議研究所、放送時間のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送。
・毎週月曜日、午後1時~1時30分 
・再放送:木曜日午後2時~
・再放送:土曜日夜9時30分~

◇全国どこからでも聴くことができます。

インターネットサイマル放送http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちらhttp://fm791.net/keitai/ 

<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:ナツキ
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(えふえむ花巻局長)

Facebook
Twitterの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

情報員からのメール紹介

岩手県の悪の漢学者さん。

 前回のメールで「また鹿角市先人顕彰館に行きたい」と書きましたがそれどこ
ろではなくなってしまった。
 毎年二回、五月と十一月に津軽に行って、その帰りに鹿角市に立ち寄るのを恒
例にしていましたがこのような社会情勢です。弘前公園のさくらまつり中止のみ
ならず公園自体が五月六日まで閉鎖で、市長が「公園の様子をSNSに載せない
で」と呼び掛ける事態になった。また、前々から楽しみにしていた
青森県立美術館の、ガンダムシリーズの監督、富野由悠季(とみのよしゆき)の
世界展も延期。宮城県でも私がよく行く施設が軒並み休館でどうしようもない。
今はただ個人としては余計な事をせず、事態の収束を祈るのみです。

 この春で、私が初めて鹿角市を訪ねてから五年になりました。先人顕彰館とス
トーンサークルを訪ねて、天気も良くて充実した一日だった。大湯ストーンサー
クル館でムーブックス黒又山の謎を見せたら館の人に嫌な顔をされたのもいい思
い出です。以来、先人顕彰館と内藤湖南先生顕彰会の諸氏にはお世話になってい
ます。
 先週の「米国防総省がUFO映像を公開」報道の後で今回の特番と言うのはま
さにグッドタイミングだと思います。世間には「これで宇宙人の存在が証明され
た」と喜んでいる人達もいますが、今、この時期に公的機関が映像を認めた意図
や意義、また映っている飛行物体の正体について、専門家の見解を詳しく聞きた
いです。