皆さん、ご機嫌いかがですか。

 

 前回は、アメリカ情報員になっていただいています松原さんから、最近のお住まいの地域の様子や、昔あったUFO事件に関して現地のUFO博物館の様子などをご紹介いただきました。今後もアメリカの様子やUFO事件についてなどご紹介いただく予定です。

 今回は、月刊「ムー」5月号の並木伸一郎氏の記事について、東京の並木氏に電話でお話しを伺いましたのでご紹介します。ムー5月号は9日(木)発売ですので、ご購入いただいて再放送を聴きながらムーの記事と写真などご覧いただくとより内容が分かると思います。毎号興味ある記事が満載のムーをお楽しみに。

  
fe26f475
 鹿角不思議研究所顧問:並木伸一郎氏 超常現象・怪奇現象研究家
日本宇宙現象研究会・会長、米国UFO研究団体・MUFON日本代表
主な著書:「未確認飛行物体UFO大全」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」、「封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり月刊「ムー」誌メインライター、テレビ番組「超ムーの世界R」出演中。超常現象研究家として、フィールドワークを基本とし雑誌執筆業など幅広く活動中
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<情報募集!>

「鹿角不思議研究所」では、皆様からの不思議体験や目撃情報、不思議な写真や
ビデオ映像などを募集いたします。

<情報員募集!>
「鹿角不思議研究所」では、情報員を募集いたします。
番組へのご意見、感想をお送りいただきますと情報員とさせていただきます。

情報、メッセージをお送りいただく際は、以下の記載をお願いいたします。
・お名前(ラジオネーム可)
・お住まい(県、市町村のみでも可)
・連絡先メールアドレス
・電話番号
無しでも構いません

メールの宛て先
 radio@fm791.net
FAX番号:0186-258817

018-5201
秋田県鹿角市花輪字下中島122
鹿角きりたんぽFM 番組名「鹿角不思議研究所」宛

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<鹿角不思議研究所、放送時間のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送。
・毎週月曜日、午後1時~130分 
・再放送:木曜日午後2時~
・再放送:土曜日夜930分~

◇全国どこからでも聴くことができます。

インターネットサイマル放送http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちらhttp://fm791.net/keitai/ 

<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:ナツキ
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(えふえむ花巻局長)

Facebook
Twitterの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


<情報員からのメール>

アメリカ情報員の松原さん

 先週は、インターネット経由のK所長とのインタビューで、番組に出演させていただきました。

あれから一週間が経過し、アメリカでは感染者数が4日ごとに倍増、国別で世界一となった後も、急激上昇中です。本日(3月末)の政府の声明によりますと、現在の状況(カリフォルニアでは外出禁止)が、4月の終わりまで続きそうです。 

番組の感想ですが・・・その前に、自分のインタビューに補足したいことがあります。棚にぎっしり並んでいたフィギュアの印象が強くて、とっさにそれしか思い出せなかったのですが、実は、フラットウッズ・モンスター・ミュージアムには、フィギュア以外にもいろいろな展示品があるのです。

成長した目撃者の写真とか、地元の名物・モンスター・ランタンの型(モールド)とか、館長が呼ばれたパーティに着ていく(館でそういうサービスをしているのです)モンスターの着ぐるみとか・・・。でもやっぱり、館長とお話しするのが、一番楽しかったです。5つの「イス」は、形は同じだが、全部違うデザインで塗ったとか・・・。館長に「展示品の目玉は何ですか?」と聞いたところ、「うーん・・・看板、かな」と言われました。「はっ?看板?」と聞くと、昔、町の入り口の道路の2か所に同じ看板がかかっていたのだが、そのうちの一枚がここにある、と示されました。「ようこそフラットウッズへ。グリーン・モンスターの故郷」と書かれた木の看板です(添付写真1枚目)。(フラットウッズ・モンスターは、地元では「グリーン・モンスター」と呼ばれているのです。なぜでしょう?・・・その話はまたいずれ。)

FlatwoodsSign

それに、ミュージアム訪問とイスめぐりだけではなく、事件の現場にもちゃんと行ったんです!(正確には、肉薄した、といいますか・・・その話もまたいずれ。) 

今回の番組の感想ですが、いろいろな意見を募集というお話でしたで、「UFOの正体」について、私の意見を書きます。私は小学校4、5年生の時、UFOについて調べるため、宇宙研究会を設立し、クラスメートから報告された目撃事件などを調査していました。当時我が校の小学生たちが見たのは、はっきり言って、点状に見える飛行機と短い飛行機雲の組み合わせでした。以上、終わり・・・だったら簡単なのですが、中にどうしても説明不能の事例が数件残りました。例えば、「昨夜、夜中過ぎにに目が覚め、ベランダの外を見たら、中空に白く光る丸いものが浮かんでいた。かなり大きくて、少し欠けた月のような不思議な形をしていた。静止していた」と言うのです。『それは・・・満月を過ぎた月、では?』と思いましたが、「絶対に月ではない」と言うのです。このような正体不明なものが数件ありました。(その他、お正月の特番でお話しした「黒い飛行機」の件もありますが、その話はまたいずれ。)今になって、なぜその日の月齢を調べなかったんだー!と後悔しています。ですが、つまり、要は、一件ごとに、もっとしっかり、徹底的に調べなくてはならない、ということです。

今回はさわりだけでしたが、また。今後もアメリカから最新(?)情報をお送りします。

BraxxieAtTwinInns