皆さん、ご機嫌いかがですか。

今回は、月刊ムー3月号が今週発売になりますので、いつものように並木伸一郎氏の記事について、東京の並木氏に電話で伺います。毎号興味深い記事が満載の月刊ムーですが、その中から並木氏が執筆されている記事についての概要を教えていただきます。詳細については、是非ご購読頂きたいと思います。

さて、今回も前回に続き不思議体験談が届いています。また、アメリカ情報員松原さんからは、フラットウッズ・モンスターに関する調査の報告もありますのでご紹介しますが、前回に続きこちらのブログに掲載させていただきましたので、ご覧ください。

fe26f475

 顧問:並木伸一郎氏

超常現象・怪奇現象研究家
日本宇宙現象研究会・会長、米国UFO研究団体・MUFON日本代表
主な著書:「未確認飛行物体UFO大全」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」、「封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり

月刊「ムー」誌メインライター、テレビ番組「超ムーの世界」出演中。

超常現象研究家として、フィールドワークを基本とし雑誌執筆業など幅広く活動中


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<鹿角不思議研究所、放送時間のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送。
・毎週月曜日、午後1時~130分 
・再放送:木曜日午後2時~
・再放送:土曜日夜930分~

メール、FAXの宛て先 
 mailradio@fm791.net
 FAX番号:0186-25
8817

郵便の宛先
018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島122

鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

全国どこからでも聴くことができます。

 

インターネットサイマル放送
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/

<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:ナツキ
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(えふえむ花巻局長)

Facebook
Twitterの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<情報員からのメール紹介>
・アメリカ情報員の松原さんから

事件当夜のあらましについては、バーカーもサンダーソンも基本的に同じ報告をしています。皆さまも大体はご存じでしょうから省略して、私がたいへんユニークと思う、サンダーソンの結論を、ズバリ申し上げます。彼は、モンスターは知的にコントロールされた飛行体に乗って飛来した、と断言しました。しかも、それは一機ではなく、8km間隔に並んだ五機が同時に(フラットウッズのある)ブラクストン・カウンティに飛来し、うち一機がフラットウッズに着陸し(その他は、一機が別の場所に着陸、一機が山中に墜落、二機がそのまま通過)、人類が潜水に使う潜水鐘(せんすいしょう)に相当するものに入ったパイロットが出てきました。8人の目撃者と3匹の犬は、丘の頂上でそれに出くわし、驚いて逃げ帰りました。モンスターは、一種の宇宙服を着たパイロットだったのです。その後、パイロット、宇宙服、船は蒸発し、ガスとなって消えました。それが丘の上に漂っていた、刺激臭のあるガスだったのです。

事件当夜のあらましについては、バーカーもサンダーソンも基本的に同じ報告をしています。皆さまも大体はご存じでしょうから省略して、私がたいへんユニークと思う、サンダーソンの結論を、ズバリ申し上げます。彼は、モンスターは知的にコントロールされた飛行体に乗って飛来した、と断言しました。しかも、それは一機ではなく、8km間隔に並んだ五機が同時に(フラットウッズのある)ブラクストン・カウンティに飛来し、うち一機がフラットウッズに着陸し(その他は、一機が別の場所に着陸、一機が山中に墜落、二機がそのまま通過)、人類が潜水に使う潜水鐘(せんすいしょう)に相当するものに入ったパイロットが出てきました。8人の目撃者と3匹の犬は、丘の頂上でそれに出くわし、驚いて逃げ帰りました。モンスターは、一種の宇宙服を着たパイロットだったのです。その後、パイロット、宇宙服、船は蒸発し、ガスとなって消えました。それが丘の上に漂っていた、刺激臭のあるガスだったのです。