皆さん、ご機嫌いかがですか。

 前回は、月刊ムー5月号の総力特集記事など、いつものように並木伸一郎氏の記事をご本人にご紹介頂きました。今回は、朝日新聞大衆文化担当編集委員・小泉信一氏、著書「裏昭和史探検」について、ご本人にお話しを伺いましたので、その様子をご紹介します。
 「裏昭和史探検」は、3月に朝日新聞出版より発売になりましたが、ご自身の足で取材して歩いた昭和の様々な風俗を中心に、その哀愁漂うエロチックな世界が紹介されています。後半には、小泉氏が不思議な世界に思いを寄せる、未確認生物とUFOに関する記述があります。未確認生物では、日本で目撃者も多いと云われている「ツチノコ」や伝説的な「クッシ―」、「ヒバゴン」、「ガタゴン」、「ケンムン」、「タキタロウ」などを紹介。UFOでは、日本のUFOの歴史における著名人として三島由紀夫のUFOへの思いなどを紹介している。また、福島県の「UFOふれあい館」の紹介と元館長の木下次男氏も紹介されています。その他にも、江戸時代に漂着した「うつろ舟」や千葉県銚子市の「ロズウェル駅」といったものなどと、全国各地に伝わる奇妙なUFO事件等の紹介。最後のページでは、鹿角市を訪問し、「鹿角きりたんぽFM」に寄っていただいて「鹿角不思議研究所」を取材した時の様子と、鹿角市の「黒又山」、「大湯ストーンサークル」についても紹介しています。※UFO関連については、朝日新聞の2017年10月夕刊に連載された「UFO伝説をたどって」に紹介されています。過去の関連記事

 朝日新聞出版 1300円+税
IMG_9555

IMG_9556


IMG_6235b
 朝日新聞編集委員 小泉信一氏


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<鹿角不思議研究所、放送時間のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送。
・毎週月曜日、午後1時~1時30分 
・再放送:木曜日午後2時~
・再放送:土曜日
夜9時30分~

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

◇全国どこからでも聴くことができます。
インターネットサイマル放送
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/


<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(えふえむ花巻局長)

FacebookTwitterの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛



 <ご案内>
鹿角不思議研究所では、情報をお寄せ頂いた方へ「情報員証」を発行しています。
※「情報員証」は、順次発行中ですが、既にお申込みいただいた方も今一度確認のため、お名前(本名)とラジオネーム、ご住所、連絡先電話番号をFAX・メールでお知らせください。
「情報員証」は郵送致しますが、鹿角きりたんぽFMへお越し頂いて受取も可能です。その場合は、手渡し希望と明記お願い致します。

 「不思議の会」スタート!
鹿角不思議研究所では、UFO、UMA、古代遺跡、宇宙、心霊など、体験談や最新情報など不思議を語り合いながら情報交流を行う場として「不思議の会」を不定期で開催します。
不思議が好きな方で参加をご希望の方は、開催日、会場など詳細をメールでお問い合わせください。

メール:musen@gray.plala.or.jp 
※件名:「不思議の会」と記載のこと
お名前(ラジオネームでも可)と、連絡先電話番号をお忘れなくお願します。

共催:鹿角UFO研究会、鹿角自然現象研究会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<情報員さんからのメッセージ>

鹿角市ラムヤーゼさん
4月8日 放送の冬桜静流氏の深夜怪談の紹介でドライヤーと大根温泉の朗読ですが 掃除のかどなかさんの語りと効果音や演出が素晴らしかったです
ラジオなのに映像が浮かんでくるようなリアリティーがあってすごく面白かったです。
パーソナリティーの方々の不思議な体験もぜひこのような形で放送して頂ければ有難いです。