皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、岩手県花巻市「えふえむ花巻」で放送の花巻不思議研究所のことなど、落合昭彦氏に電話を繋いでお話を伺いました。また、以前ご紹介しました鹿角きりたんぽFMパーソナリティーの不思議体験について、また聞きたいとのご要望を頂いていましたのでKANAさんの体験をご紹介。今後も機会をみて他にも不思議な体験談をご紹介の予定です。

今回は、「秋田奇々怪会」会長・鈴木陽悦氏と電話を繋いで鈴木氏が大好きな映画「ゴジラ」など特撮についてなど熱く語っていただきました。日本の特撮と言えば円谷英二氏を抜きに語ることはできませんが、鈴木氏にとっては世界的に有名な「シンゴジラ」が大好きとあって寝る前にいつも観ているほどの「ゴジラ」ファンだそうです。懐かしい特撮映画のことなど時間いっぱい語っていただきましたので、特撮がお好きな方には特にお薦めです。


d0196724_0535037
 ◇鈴木陽悦氏
 「秋田奇々怪会」会長 秋田市在住
 月刊「釣り東北」・コラム「東北見聞録~謎と不思議と珍談と」連載
 元秋田テレビ・ニュースキャスター、クロマンタ調査団メンバーとして活躍
 著書:「クロマンタ・日本ピラミッドの謎を追う」評論社、1993年3月発行


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 <放送のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送!
・毎週月曜日、午後1時~1時30分 
・再放送:火曜日午後9時30分~ 
・再放送:水曜日午前9時~
・再放送:木曜日午後2時~

 <2月から放送時間変更のご案内>
2月第2週から再放送の時間が変更になりますので、ご案内いたします。
・毎週月曜日、午後1時~1時30分    変更無し
・再放送:毎週木曜日、午後2時~    変更無し
・再放送:毎週土曜日、午後9時30分~


◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

◇全国どこからでも聴くことができます。
インターネットサイマル放送
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/


<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(花巻不思議研究所、えふえむ花巻局長)

FacebookTwitterの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛



 <ご案内>
鹿角不思議研究所では、情報をお寄せ頂いた方へ「情報員証」を発行しています。
※「情報員証」は、順次発行中ですが、既にお申込みいただいた方も今一度確認のため、お名前(本名)とラジオネーム、ご住所、連絡先電話番号をFAX・メールでお知らせください。
「情報員証」は郵送致しますが、鹿角きりたんぽFMへお越し頂いて受取も可能です。その場合は、手渡し希望と明記お願い致します。

 「不思議の会」スタート!
鹿角不思議研究所では、UFO、UMA、古代遺跡、宇宙、心霊など、体験談や最新情報など不思議を語り合いながら情報交流を行う場として「不思議の会」を不定期で開催します。
不思議が好きな方で参加をご希望の方は、開催日、会場など詳細をメールでお問い合わせください。

メール:musen@gray.plala.or.jp 
※件名:「不思議の会」と記載のこと
お名前(ラジオネームでも可)と、連絡先電話番号をお忘れなくお願します。

共催:鹿角UFO研究会、鹿角自然現象研究会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎情報員さんからのメール

・岩手県の悪の漢学者さん
 今月十一日、特技監督・円谷英二の出身地である福島県須賀川市に円谷英二ミ
ュージアムが開館し、翌、十二日に見て来ました。
まず何より、ゴジラやウルトラシリーズの生みの親、世界的に知られる特撮の神
様なのに没後半世紀近く常設顕彰施設が無かった事が不思議です。

 帰宅してから円谷監督のゴジラ映画が見たくなり、選んだのは昭和三十九年の
「三大怪獣 地球最大の決戦」。物語は建物の屋上で「宇宙円盤クラブ」の面々
が空飛ぶ円盤との交信を試みて失敗する場面から始まる。また、物語の鍵を握る
のは大勢の人々を前に金星人を自称して地球滅亡を予言する謎の美女。
 ゴジラシリーズでは他に、平成三年の「ゴジラVSキングギドラ」に月刊ムー
の記者や矢追純一氏本人が登場する。
 平成十六年の「ゴジラ FINAL WARS」には、おなじみ大槻教授や韮
沢社長達が、人類の前に姿を現したX星人について討論をする場面がある。テレ
朝の超常現象Xファイルでは否定派の松尾貴史氏が、この映画の中では異星人に
ついて「来ちゃったんだからしょうがないでしょう」と肯定する役。
 UFOの他にも、神話伝説や古代文明等、怪獣映画は不思議、超常現象といろ
いろつながりがある。この手の噺は鈴木陽悦氏が詳しいと思います。