皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、ナツキ君の東京報告を東京の並木伸一郎氏と共に電話を繋いでご紹介しましたが、今回も並木氏と電話を繋ぎ、群馬県の情報員ぶちねこさんからいただいたメールにありました日本航空のジャンボジェット貨物機がアラスカ上空で遭遇した巨大UFO事件についてご紹介します。これは、今から32年前の11月17日に起きた事件ですが、当時機長が証言したものがあまりにも巨大なものであり、その機長の証言についての信憑性が問われた事件です。

つづいて、並木氏には月刊ムー12月号の執筆記事についてご紹介頂きました。
・最新UMAレポート「宮城に目が光るヘビ型UMA出現!!」
・最新UFOレポート「沖縄八重山諸島にUFOが飛来!!」
・奇現象レポート「ミステリーサークル2018」

・月刊ムー12月号 9日発売
IMG_8789


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 並木伸一郎b

 顧問:並木伸一郎氏
超常現象・怪奇現象研究家
日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長米国UFO研究団体・MUFON日本代表
主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」「封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり
月刊「ムー」誌メインライター、テレビ番組「超ムーの世界」出演、フィールドワークを基本とし雑誌執筆業など幅広く活動中

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<鹿角不思議研究所、放送時間のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送
・毎週月曜日、午後1時~1時30分 
・再放送:火曜日午後9時30分~
・再放送:水曜日午前9時~
・再放送:木曜日午後2時~

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

◇全国どこからでも聴くことができます。
インターネットサイマル放送
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/


<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(えふえむ花巻局長)

FacebookTwitterの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛


<ご案内>
鹿角不思議研究所では、情報をお寄せ頂いた方へ「情報員証」を発行しています。
※「情報員証」は、順次発行中ですが、既にお申込みいただいた方も今一度確認のため、お名前(本名)とラジオネーム、ご住所、連絡先電話番号をFAX・メールでお知らせください。
「情報員証」は郵送致しますが、鹿角きりたんぽFMへお越し頂いて受取も可能です。その場合は、手渡し希望と明記お願い致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

情報員からのメール

群馬県のぶちねこさん

11月に起きたUFO事件の紹介です。
1986年11月17日アメリカ、アラスカ州上空で日本航空のジャンボジェット機がUFOとニアミスしました。
一般に日航ジャンボ機UFO遭遇事件と呼ばれてます。
アラスカ州フェアバンクス上空1万mで、乗務員の肉眼とジャンボ機のレーダーで未確認物体を補足しました。
機長の証言が一番詳しく、日航機の数倍の大きさの球体で両脇にライトが点灯してたとの事。
これについては後日、目撃した物体は明るい星を見間違えた物、
レーダーに写った画像はその映像から物体ではなく濃い雲、
または空気中の水分が直接凍る「ダイヤモンドダスト」
と呼ばれる気象現象と一応の説明がされました。
しかしもし、このUFOがステルス機能を持った宇宙人の乗り物で、
それによりレーダーに普段と違う映り方をしていた可能性もあります。

最近ではドライブレコーダーを付けてる自動車が多く、事故の検証に役に立ってます。
飛行機も映像を録画するレコーダーを付けて飛べば、このUFOとどこかで再会して
事件の真相が判るかもしれません。