皆さん、ご機嫌いかがですか。

先週22日の盛岡市での「ふしぎ話の夜」、23日「鹿角不思議研究会・懇親会」にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
また、23日は夜10時から特番生放送をお送り致しましたが、再放送はありませんのでご了承ください。なお、今回の放送では簡単に22、23日の様子をご紹介いたします。

IMG_8521
左から、顧問:並木伸一郎氏、派遣社員:門中、助手ナツキ、所長K

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<鹿角不思議研究所、放送時間のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送
・毎週月曜日、午後1時~1時30分 
・再放送:火曜日午後9時30分~
・再放送:水曜日午前9時~
・再放送:木曜日午後2時~

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

◇全国どこからでも聴くことができます。
インターネットサイマルラジオ
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/


<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

以下の「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。

Facebook
https://www.facebook.com/kazunofusigi/

https://twitter.com/kazuno_fushigi


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 並木伸一郎b

 顧問:並木伸一郎氏
 超常現象・怪奇現象研究家
 日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
 米国UFO研究団体・MUFON日本代表、
 主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
 封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
 「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
 テレビ番組「超ムーの世界」出演、フィールドワークを基本とし雑誌執筆業など幅広く活動中


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛


<ご案内>
鹿角不思議研究所では、情報をお寄せ頂いた方へ「情報員証」を発行しています。
「情報員証」は、これまでに情報員としてお申込みいただいた方には順次発行中ですが、新規の方も受付中です。
※「情報員証」は、順次発行中ですが、既にお申込みいただいた方も今一度確認のため、お名前(本名)とラジオネーム、ご住所、連絡先電話番号をFAX・メールでお知らせくださいますようお願い致します。
尚、遠方の方へは郵送致しますが、鹿角きりたんぽFMへお越し頂いて手渡しも可能です。その場合は、手渡し希望と明記お願い致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 <番組紹介>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


画像b

番組キャラクターイラスト


◇鹿角市のご紹介

秋田、青森、岩手の3県が隣接する秋田県鹿角市には、縄文晩期の遺跡で国特別史跡に指定されている「大湯環状列石」と、そこから約2km北に位置する山岳祭祀遺跡「黒又山」別名クロマンタがあります。この高さ80mほどの小高い三角形の山頂部には、大湯環状列石に見られる組石に似たものや縄文土器片などが発見されていることから大湯環状列石との関係が考えられています。また一部では日本のピラミッド説があるなど古代遺跡ファンにとってはロマンを感じさせるものとなっています。そこからさらに北にある十和田湖や十和田高原には古代都市があったとする説や、近隣の青森県新郷村にはキリストの墓と呼ばれている場所もあるなど、謎めいたものが多く存在しています。

鹿角市一帯には過去には多くの鉱山が栄え、金、などが採掘されてきました。これらの鉱山にまつわる伝説には不思議な物語があります。例えば、千数百年前のこと翼幅20メートルもあろうかと思われる巨大な怪鳥が現れ村人が恐怖に震えていた。ある日、怪鳥を退治するためご祈祷すると怪鳥がいなくなり、その怪鳥を村人が探すと横たわった怪鳥を発見し、その腹を切り裂くと腹の中から金銀銅の鉱石が出てきたというものです。そこは後に銅鉱山として栄えました。このような言い伝えのある土地柄もあって民話など100以上も伝説として語り継がれています。この地は、自然に恵まれ温泉地としても古来より人気のある土地でもあります。


◇「鹿角不思議研究所」のご紹介

このような土地にコミュニティFM局、愛称「鹿角きりたんぽFM」が開局して今年10月で5周年を迎えました。「鹿角きりたんぽFM」では、その伝説と不思議の多い土地柄を背景に謎と不思議ロマンをテーマとした番組「鹿角不思議研究所」を制作放送しています。この番組は、架空の研究所で不思議が好きな所長Kと助手のナツキ君が、UFO、UMA、宇宙、古代遺跡、心霊などを紹介するちょっと不思議な番組です。番組では、月刊ムー誌メインライターでもお馴染み並木伸一郎氏を顧問にお迎えして、時には並木氏の記事を中心にご本人にご紹介頂いていますが、他にも各方面の方々をゲストに不思議な世界について広くご紹介しています。

これまでに放送したものでは、例えば、地元で数人の同僚と共に山の上に着陸しているかのようなUFOを見た方の体験は、実に奇妙な出来事で、すぐ近くまで出掛けて行きその途中で間近に遭遇してしまったというものです。その後も不思議なものを見ているのですが、その方は過去にも不思議な体験をしているなど一度きりではないようです。
他にも心霊体験を幾度もされている方の場合は、ご本人や家族をはじめ知人の話を怪談集として出版しています。それらは、夏の心霊特集などでご本人にゲストでご出演いただくなどご紹介させていただいていますが、このような心霊体験談は怪談の朗読としてもご紹介させていただいています。また、実話を元にしているその体験談は単に怖いと言うよりも何か不思議で奇妙な出来事と言えるようなものです。番組には、時折歴史や古代遺跡に関心を寄せる方からのメッセージも届きますが、このような不思議が好きなリスナーは情報員として登録させて頂いています。


◎鹿角きりたんぽFM・開局5周年記念特別番組を放送

鹿角きりたんぽFM開局5周年を間近にした9月22日、岩手県盛岡市で不思議に関心を寄せる人達との交流を図る「ふしぎ話の夜」へ東京から並木伸一郎氏をお迎えして開催。

当日は、遠くは東京からも参集するなど県内外約20名の方々とふしぎ話で盛り上がった。

これまでに様々な体験話を語りなが不思議な世界について語って来た「ふしぎ話の夜」は、今回を持って閉会となったが、いずれ形を変えて再開することでしょう。

翌23日は、秋田県鹿角市で並木氏を囲んでの懇親会を行った。その後、夜10時から11時まで並木氏にご参加いただいての特別番組公開生放送を行った。並木氏には番組の顧問として番組にご協力いただいて来ましたが、昨年の開局4周年記念イベントに続く開局5周年特別番組を無事終えた。


◇経緯

「鹿角不思議研究所」は、鹿角UFO研究会を主宰し活動して来た代表の駒ヶ嶺政也が、鹿角きりたんぽFM開局当初からの市民サポーターとして番組制作をしており、時折地元UFO現象などについて紹介していた経緯があったことから、元々不思議に理解ある「鹿角きりたんぽFM」で不思議番組を制作することになったものです。

現在は、UFO、古代遺跡、宇宙、心霊などが好きな報員と、岩手県花巻市の「えふえむ花巻」落合昭彦局長、秋田県の不思議愛好家の会「秋田奇々怪会」鈴木陽悦会長等の協力を得ながら、不思議が好きな方に広く楽しんで頂ける番組の制作に努めています。


放送日:毎週月曜、午後1時から

再放送:毎週火曜、夜9時30分から。水曜午前9時から。木曜午後2時から

放送は、受信エリア以外でもインターネットサイマルラジオを利用することで全国どこからでも聴くことが可能。


インターネットサイマルラジオ
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/

<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

以下も併せてご覧ください。


https://www.facebook.com/kazunofusigi/

https://twitter.com/kazuno_fushigi


◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛


IMG_3853s
 番組ポスター

IMG_8518完
 9月23日夜10時から11時まで開局5周年記念
 「鹿角不思議研究所」特番生放送


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆