皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、「えふえむ花巻」局長の落合昭彦氏に「花巻不思議研究所」についてお話しを伺いました。
「花巻不思議研究所」は、「えふえむ花巻」で毎週木曜日の朝の番組の中の約15分のコーナーになりますが、朝から中身の濃いお話しをされている人気番組でもあり今後が楽しみです。

今回は東京の並木伸一郎氏と電話を繋いでお話しを伺いましたので、その様子をいつものようにご紹介します。また、今月23日には並木氏が1年ぶりに鹿角不思議研究所にいらっしゃる予定ですので、その際には色々と嗜好を凝らしたものを企画しています。
その第一弾としては、22日夜に盛岡市八幡町「はちまんフォーク酒場」での「ふしぎ話の夜」
第二弾は、23日夜に鹿角不思議研究会「不思議の夜・懇親会」
第三弾は、同じく23日の夜10時から鹿角不思議研究所・特別番組を1時間公開生放送としてお送りする予定です。23日についての詳細などは、直接お問い合わせください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 IMG_6242
 顧問:並木伸一郎氏
 超常現象・怪奇現象研究家
 日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
 米国UFO研究団体・MUFON日本代表、国際隠棲動物学会日本通信員
 主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
 封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
 「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
 テレビ番組「超ムーの世界」、DVD「超ムーの世界R」販売中
 フィールドワークを基本とし、雑誌執筆業など幅広く活動中

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<鹿角不思議研究所、放送時間のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送
・毎週月曜日、午後1時~1時30分 
・再放送:火曜日午後9時30分~
・再放送:水曜日午前9時~
・再放送:木曜日午後2時~

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

◇全国どこからでも聴くことができます。
インターネットサイマル放送
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/


<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

FacebookTwitterの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛


<ご案内>
鹿角不思議研究所では、情報をお寄せ頂いた方へ「情報員証」を発行しています。
「情報員証」は、これまでに情報員としてお申込みいただいた方には順次発行中ですが、新規の方も受付中です。
※「情報員証」は、順次発行中ですが、既にお申込みいただいた方も今一度確認のため、お名前(本名)とラジオネーム、ご住所、連絡先電話番号をFAX・メールでお知らせくださいますようお願い致します。
尚、遠方の方へは郵送致しますが、鹿角きりたんぽFMへお越し頂いて手渡しも可能です。その場合は、手渡し希望と明記お願い致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

情報員さんからのメール

・岩手県、悪の漢学者さん。
 三日の放送で触れられた金ヶ崎町の件。同町の城内諏訪小路(じょうないすわ こうじ)は文化庁指定の重要伝統的建造物群保存地区で、今も武家屋敷がいくつ も残っています。そこで毎年夏に幽霊の行事が行われているのは知っていました が今まで行った事が無く、先日、初めて行って来ました。数ヶ所の会場のうち、 見に行ったのは「侍屋敷 大松沢家」。展示されていたのは月岡芳年の「和漢百 物語」の中から九点。日本と中国の歴史上の人物や妖怪を描いた作品群で、漢学 者としては太公望にはなじみがある。日本で太公望と言えば釣り人の事ですが、 元々は古代中国の殿様です。仁木(にっき)弾正は芝居の先代萩(伊達騒動)の 悪役。実は仁木弾正のモデルになった原田甲斐の「妻の墓」は金ヶ崎町の隣の水 沢にあります。また、河童達の相撲を本物の関取が眺めていると言う面白い絵柄 もありました。