鹿角不思議研究所

鹿角きりたんぽFMで毎週放送の番組、「鹿角不思議研究所」について、ご紹介致します。

2019年02月

2月25日放送「超常現象研究家・並木伸一郎氏に月刊ムー3月号記事について伺いました」

皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、秋田奇々怪会の鈴木陽悦会長にSF,ホラー映画について伺いました。まだまだお話は続きそうですので、その続きはまた機会に。

今回は、月刊ムー3月号の記事から並木伸一郎氏のフォーティアンFILE『トランシルバニアの怪奇スポット「ホヤ・バチュー」』と、『アームストロングはUFOと月の先住者に遭遇していた!!』について伺いました。

「ホヤ・バチュー」は、ルーマニアにある不可思議な出来事が起きる森。そこでは行方不明者や自殺者の霊が現れるという。ねじれた樹木、木の生えない空間、電子機器が動かなくなるなどの現象が起きるその森について紹介。

映画「ファーストマン」が今月8日公開され話題になっています。アポロ宇宙船11号の船長として人類初、月面に立った彼が残した「これはひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」との名言は有名。その彼は、多くを語らないままこの世を去りました。彼は月で見たものとは。

IMG_9274
 月刊ムー3月号


並木伸一郎c
 顧問:並木伸一郎氏
超常現象・怪奇現象研究家
日本宇宙現象研究会・会長、米国UFO研究団体・MUFON日本代表
主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」「封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり
月刊「ムー」誌メインライター、テレビ番組「超ムーの世界」出演中。超常現象研究家として、フィールドワークを基本とし雑誌執筆業など幅広く活動中
※秘密結社「MU倶楽部」1月から活動開始!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 <再放送時間変更のご案内>
2月第2週から一部再放送の時間が変更になりましたのでご案内いたします。
・毎週月曜日、午後1時~1時30分    変更無し
・再放送:毎週木曜日、午後2時~    変更無し
・再放送:毎週土曜日、午後9時30分~

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

◇全国どこからでも聴くことができます。
インターネットサイマル放送
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/


<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(花巻不思議研究所、えふえむ花巻局長)

Facebookの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。

Twitterは、事情により利用停止しています、ご了承ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛



 <ご案内>
鹿角不思議研究所では、情報をお寄せ頂いた方へ「情報員証」を発行しています。
※「情報員証」は、順次発行中ですが、既にお申込みいただいた方も今一度確認のため、お名前(本名)とラジオネーム、ご住所、連絡先電話番号をFAX・メールでお知らせください。
「情報員証」は郵送致しますが、鹿角きりたんぽFMへお越し頂いて受取も可能です。その場合は、手渡し希望と明記お願い致します。

 「不思議の会」スタート!
鹿角不思議研究所では、UFO、UMA、古代遺跡、宇宙、心霊など、体験談や最新情報など不思議を語り合いながら情報交流を行う場として「不思議の会」を不定期で開催します。
不思議が好きな方で参加をご希望の方は、開催日、会場など詳細をメールでお問い合わせください。

メール:musen@gray.plala.or.jp 
※件名:「不思議の会」と記載のこと
お名前(ラジオネームでも可)と、連絡先電話番号をお忘れなくお願します。

共催:鹿角UFO研究会、鹿角自然現象研究会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

情報員さんからのメール


・岩手県の悪の漢学者さん
 十一日の放送で話題になった金縛り。子供の頃に一度だけ経験があります。夜、
布団の中で横になっていて意識はあるのに体が動かない。動きたいのに動けなく
て苦しんでいたら、家族が扉を開けて部屋に入って来てその音で解けた記憶があ
ります。一体、何だったのだろう。
 漫画の忍者ハットリくんの忍法金縛り。彼が相手に向かって大声で「喝(カー
ツ)!」と言うと相手が動けなくなるあの技は本当に可能なのかどうか。

 十八日の放送の鈴木陽悦氏の映画談義。話題になった作品で私が見た事がある
のは遊星よりの物体X、遊星からの物体X、カプリコン・1、ベン・ハーくらい
でした。この番組に深く関連するのはやはりカプリコン・1だと思います。私も
好きな映画です。
 実はホラー作品の定義がよく解らない。私の知人にゴジラをホラー映画と呼ぶ
人がいます。確かにシリーズの中には怖い作品もありますが、元年のビオランテ
から去年の星を喰う者まで、少なくとも平成ゴジラ全作品を映画館で公開初日に
見た限りでは、上映中にキャーコワイーと悲鳴をあげる人に遭遇した事は無い。
 それと、テレビの変身ヒーロー番組でも怪奇、恐怖作品はいろいろあり、私が
研究している仮面ライダーBLACKは、子供の頃に見ていて怖かった、或いは
怖くて見られなかったと言う声をよく聞きます。大怪獣が平和を乱し町々を燃や
し尽くすのに対して、仮面ライダーの怪人は等身大の異形の黒影、暗闇の兵士が
家庭を奪いに忍び寄ると言う身近な恐怖。



長野県の灰色ベアーさん
K所長、ナツキさん、はじめまして。
毎週放送を楽しみに聞かせていただいております。
先週の放送で、YOU☆さんの不思議体験のお話を聞いていて、
ふと、自分が体験した、金縛りの事を思い出しましたので、
お便りさせていただきました。

それは、18歳の夏休み、
昼間でも暗い実家の仏間で過ごしていた時のことです。

時間は昼過ぎ、
仏間は昼間でも暗いのですが、
その分夏でも快適な場所。

暗いので電気をつけて、
自分は長座布団の上でうつ伏せ状態で漫画を読みながら、
だらだらと過ごしていました。

すると、
突然廊下を挟んだ居間の方から、
話し声が聞こえてきたのです。

夏休みの平日、
家には自分だけ、
「おかしいな、誰か帰って来た?」
なんて思ってよくその声を聞くと、

ゲラゲラ笑ったかと思うと早口で「ゴニョゴニョ」、
2~3人の人が、
聞き取れない言葉で会話してるのです。

その時になぜか、
「あ、あの人達こっち来る」って思って、
立ち上がろうとしたら、
まったく体が動かない事に気が付きました。

起きていたのに金縛りになったのです。

うつ伏せで漫画を開いた状態で、
目だけが動くけど、
声は出ませんでした。

突然の事に困っていると、

「キィ~」っと、居間の扉の開く音、

「あー、こっちに来るっ!?」
必死に動こうとしますが、
体は動きません。

そして、
廊下を「ペタペタ」と歩く音が仏間に向かってきて、
いよいよ仏間の扉を「キィー」っと開けたのです。

「ペタペタペタペタ」、
その足音は迷い無く自分の方へ向かってきます。

そして、自分の足元に来た瞬間、
仏間のそこら中から、
「バタバタバダバタバタバタバタバタ」っと、
大勢の人間や動物の足音がしだしたのです。

目は見えていたのですが、
部屋には何もいません。

何秒か、何分か、
「バタバタバタバタ」と響く足音に囲まれていました。

あまりの恐怖に、
「コノヤロー、フザケンナー」
つい強い口調になりましたが、
その瞬間声が出せたのです。

すると足音も人の気配も消え、
体も動き、
仏間はいつもの様子。

それ以来、
しばらく仏間で過ごす事はなくなりました(笑)

いったいなんだったのでしょうか、
今でも分かりません。

しかし、霊感のようなものも無かった自分が、
その日からしばらく不思議な体験をするようになりました。

まだ、このようなお話はあるので、
またお便りさせていただきます。

2月18日放送「秋田奇々怪会・鈴木陽悦会長のお好きなSF・ホラー映画の紹介」

皆さん、ご機嫌いかがですか。

今回は、「秋田奇々怪会」会長・鈴木陽悦氏が大好きというSF・ホラー関係の映画についてのご紹介です。実に多くの映画コレクションをお持ちとのことですが、中でもSF映画のホラー系の映画がお好きなようです。特にお好きな映画監督については、その作品の多くをお持ちだそうです。今回は、実際に起きた事件についても熱く語っていただきましたが、皆さんがご存じの映画はいくつありますでしょうか。まだまだお話は続きそうですが、また機会をみて今回お話できなかった所など伺いたいと思います。

d0196724_0535037
 ◇鈴木陽悦氏
 「秋田奇々怪会」会長 秋田市在住
 月刊「釣り東北」・コラム「東北見聞録~謎と不思議と珍談と」連載
 元秋田テレビ・ニュースキャスター、クロマンタ調査団メンバーとして活躍
 著書:「クロマンタ・日本ピラミッドの謎を追う」評論社、1993年3月発行


 <再放送時間変更のご案内>
2月第2週から一部再放送の時間が変更になりましたのでご案内いたします。
・毎週月曜日、午後1時~1時30分    変更無し
・再放送:毎週木曜日、午後2時~    変更無し
・再放送:毎週土曜日、午後9時30分~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 <放送のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送!
・毎週月曜日、午後1時~1時30分 
・再放送:火曜日午後9時30分~ 
・再放送:水曜日午前9時~
・再放送:木曜日午後2時~

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

◇全国どこからでも聴くことができます。
インターネットサイマル放送
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/


<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(花巻不思議研究所、えふえむ花巻局長)

FacebookTwitterの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛



 <ご案内>
鹿角不思議研究所では、情報をお寄せ頂いた方へ「情報員証」を発行しています。
※「情報員証」は、順次発行中ですが、既にお申込みいただいた方も今一度確認のため、お名前(本名)とラジオネーム、ご住所、連絡先電話番号をFAX・メールでお知らせください。
「情報員証」は郵送致しますが、鹿角きりたんぽFMへお越し頂いて受取も可能です。その場合は、手渡し希望と明記お願い致します。

 「不思議の会」スタート!
鹿角不思議研究所では、UFO、UMA、古代遺跡、宇宙、心霊など、体験談や最新情報など不思議を語り合いながら情報交流を行う場として「不思議の会」を不定期で開催します。
不思議が好きな方で参加をご希望の方は、開催日、会場など詳細をメールでお問い合わせください。

メール:musen@gray.plala.or.jp 
※件名:「不思議の会」と記載のこと
お名前(ラジオネームでも可)と、連絡先電話番号をお忘れなくお願します。

共催:鹿角UFO研究会、鹿角自然現象研究会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2月11日放送「あなたは不思議体験ありますか?」

皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、並木伸一郎氏の月刊ムー記事についてご紹介頂きました。また、今月公開されたアポロ11号船長だった二―ル・アームストロングの映画「ファーストマン」が話題になっています。人類最初に月面に降り立ったアームストロングは、多くを語っていませんでしたがそこには隠された秘密があったのでしょうか。詳細については、ムー記事をご覧ください。

今回は、鹿角きりたんぽFMパーソナリティYOU☆さんの不思議体験をご紹介します。既にYOU☆さんの体験談はご紹介したのですが、まだ他にも奇妙な話があるとのことでしたのでその体験談を教えていただきました。その体験は、前回の体験にも似ていますが、何か共通点がありそうです。さてどの様な体験かお楽しみに。

cIMG_3341b

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎お知らせ
これまでTwitterでもご案内をしていましたが、都合によりこれまでのTwitterが使用できない状態ですのでご了承ください。ご案内などはこれまで通りFacebookをご覧ください。

 <2月から放送時間変更のご案内>
2月第2週から再放送の時間が変更になりますので、ご案内いたします。
・毎週月曜日、午後1時~1時30分    変更無し
・再放送:毎週木曜日、午後2時~    変更無し
・再放送:毎週土曜日、午後9時30分~

◇全国どこからでも聴くことができます。
インターネットサイマル放送
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/
◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

Facebookの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(花巻不思議研究所、えふえむ花巻局長)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛


 <ご案内>
鹿角不思議研究所では、情報をお寄せ頂いた方へ「情報員証」を発行しています。
※「情報員証」は、順次発行中ですが、既にお申込みいただいた方も今一度確認のため、お名前(本名)とラジオネーム、ご住所、連絡先電話番号をFAX・メールでお知らせください。
「情報員証」は郵送致しますが、鹿角きりたんぽFMへお越し頂いて受取も可能です。その場合は、手渡し希望と明記お願い致します。

 「不思議の会」スタート!
鹿角不思議研究所では、UFO、UMA、古代遺跡、宇宙、心霊など、体験談や最新情報など不思議を語り合いながら情報交流を行う場として「不思議の会」を不定期で開催します。
不思議が好きな方で参加をご希望の方は、開催日、会場など詳細をメールでお問い合わせください。

メール:musen@gray.plala.or.jp 
※件名:「不思議の会」と記載のこと
お名前(ラジオネームでも可)と、連絡先電話番号をお忘れなくお願します。

共催:鹿角UFO研究会、鹿角自然現象研究会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎情報員さんからのメール

・岩手県の悪の漢学者さん
 一月二十八日の放送での鈴木陽悦氏のゴジラの噺は最高でした。ラジオ番組で
これほど充実したゴジラの噺を聴いたのは久方振り。次に鈴木氏と対面する機会
があるなら、手元の東宝特撮映画の本を持参していろいろ御教示願いたい。
一応指摘、多分鈴木氏のうっかり勘違いだと思いますがヘドラは平成ではなく昭
和作品です。

 鈴木氏が見たと言う青森県田舎館村のシン・ゴジラ田んぼアートは私も見に行
きました。会場のそばに塔があり、そこから見下ろせる。見事な出来だった。

 「ゴジラは北海道、東北出身者が作った」と言う指摘を聞いてそう言われてみ
ればそうだと思いました。
 ところで、円谷英二の須賀川市と、仮面ライダーの石ノ森章太郎の出身地の宮
城県登米市、銭形平次の野村胡堂の岩手県紫波町はいずれも東北本線の沿線。ま
た、月光仮面の川内康範が晩年を過ごした青森県三沢市は、現在は青い森鉄道だ
が元は東北本線だった。即ち、日本を代表するテレビヒーローの生みの親のゆか
りの地は、いずれも東北本線上にあった。これもまた不思議な偶然です。

DSCN4083b-horz

DSCN4082-vert

2月4日放送「並木伸一郎氏のMU俱楽部と月刊ムー3月号の記事ご紹介」

皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、「秋田奇々怪会」会長・鈴木陽悦氏に映画「ゴジラ」など特撮映画について熱く語っていただきました。お好きな映画とあって話は尽きませんでしたので、近いうちにまたお願いしたいと思います。
 今回は、1月5日に行われたムー倶楽部の会合についてと月刊ムー3月号の記事について東京の並木伸一郎氏に教えていただきました。また、今回も鹿角きりたんぽFMパーソナリティの不思議体験紹介もありますので、お楽しみに。

※再放送の曜日変更のご案内
夜の再放送曜日が変わりますので、ご案内いたします。
これまで毎週火曜日夜9時30分からの再放送が、土曜日の夜9時30分からに変更となります。

並木伸一郎c
 顧問:並木伸一郎氏
超常現象・怪奇現象研究家
日本宇宙現象研究会・会長、米国UFO研究団体・MUFON日本代表
主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」「封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり
月刊「ムー」誌メインライター、テレビ番組「超ムーの世界」出演中。超常現象研究家として、フィールドワークを基本とし雑誌執筆業など幅広く活動中
※秘密結社「MU倶楽部」1月から活動開始!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<鹿角不思議研究所、放送時間のご案内>
 鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送。
・毎週月曜日、午後1時~1時30分 
・再放送:木曜日午後2時~
・再放送:土曜日
夜9時30分~

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

◇全国どこからでも聴くことができます。
インターネットサイマル放送
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/


<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏(月刊ムーライター、超常現象研究家)
・盛岡特派員:落合昭彦氏(えふえむ花巻局長)

FacebookTwitterの「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛



 <ご案内>
鹿角不思議研究所では、情報をお寄せ頂いた方へ「情報員証」を発行しています。
※「情報員証」は、順次発行中ですが、既にお申込みいただいた方も今一度確認のため、お名前(本名)とラジオネーム、ご住所、連絡先電話番号をFAX・メールでお知らせください。
「情報員証」は郵送致しますが、鹿角きりたんぽFMへお越し頂いて受取も可能です。その場合は、手渡し希望と明記お願い致します。

 「不思議の会」スタート!
鹿角不思議研究所では、UFO、UMA、古代遺跡、宇宙、心霊など、体験談や最新情報など不思議を語り合いながら情報交流を行う場として「不思議の会」を不定期で開催します。
不思議が好きな方で参加をご希望の方は、開催日、会場など詳細をメールでお問い合わせください。

メール:musen@gray.plala.or.jp 
※件名:「不思議の会」と記載のこと
お名前(ラジオネームでも可)と、連絡先電話番号をお忘れなくお願します。

共催:鹿角UFO研究会、鹿角自然現象研究会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
最新記事(画像付)
アクセスカウンター
  • 今日:

  • ライブドアブログ