鹿角不思議研究所

鹿角きりたんぽFMで毎週放送の番組、「鹿角不思議研究所」について、ご紹介致します。

2017年11月

11月27日放送「あの謎の秘密実験から、月の地下空間の謎まで」並木伸一郎氏に聞く

皆さん、ごきげんいかがですか。
前回に続き、あの過去に行われた謎の多いモントークプロジェクトの話題と、各方面のニュースでも話題となりました最近の月地下空間についてなど、いつものように並木伸一郎氏にお話を伺いました。前回ご紹介した。過去のレーダー不可視実験中に起きたとされる米国海軍の護衛駆逐艦「エルドリッチ号」の異常な出来事は、あくまでも映画の中でのできごととしてお楽しみ頂くのが無難のようです。

images (3)

また、月の地下空間については、2009年に直径と深さが50mもある縦穴が見つかっていたことから、その地下を解析したところ、横穴が見つかったというものです。その地下空洞は、日本の月探査機「かぐや」の観測データから判明もので約50kmにも及ぶもであることが分かった。将来的には、この空間を月基地として活用することも将来可能性がありそうです。

「月の地下に巨大な空洞を確認」JAXA宇宙科学研究所

並木伸一郎c
顧問:並木伸一郎氏
 超常現象・怪奇現象研究家
 日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
 米国UFO研究団体・MUFON日本代表、国際隠棲動物学会日本通信員
 主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
 封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
 「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
 テレビ番組「超ムーの世界」、その他、雑誌、新聞などでも幅広く活動中

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<鹿角不思議研究所>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。


◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角市役所産業活力課発行の「恋する鹿角新聞」Vol.07( TAKE・FREE)が発行になりました。

今回は、「大日堂舞楽」の特集です。

いつものように鹿角不思議研究所の記事スペースが小さいので簡単な紹介記事です。それにしても下に記載されている文字が小さくルーペが無いと見えないかもしれませんね。

「恋する鹿角」ご希望の方は、鹿角きりたんぽFM、コモッセ、あんとらあ他、各主要な施設にありますので、お早めに。

IMG_6542


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

群馬県の情報員ぶちねこさんからのメール

テレポテーションの話があったので瞬間移動があったとされる事件の紹介です。
地名よりフィラデルフィアの実験と言われ、第二次大戦中の1943年10月に起きました。
実験はアメリカのフィラデルフィアで行われ、駆逐艦エルドリッジ号を変圧器の電磁場で
レーダーに映らなくするのが目的でした。
エルドリッジ号はレーダーどころか、徐々に目の前から消え、
2500km離れたノーフォーク軍港に瞬間移動しました。
しばらくして元のフラデルフィアに戻ってきましたが、
乗員は船体にめり込んだり、体に火がついて燃えるなど想像を絶する現象が起きていました。
公式にはこんな事件は無かったとされてますが、
戦争中で各種新技術の試験をしていたのは事実で、これらを下敷きにした都市伝説とも、
荒唐無稽の実験を隠ぺいする為の作り話とも言われてます。

余談ですが、日本では右の筒に入ったハンカチを左の筒に瞬間移動させ、
また右の筒に瞬時に戻すのをマギー司郎さんが行っています。
情報員 ぶちねこ

◎いつもありがとうございます。軍による実験など表には出てこないようなことが秘密裏に行われていることがある以上は、このような話しが無くなることは無いでしょうね。 -K-

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


続きを読む

11月20日放送「過去のタイムワープ事件について並木顧問に聞く」

皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、月刊ムー12月号の記事から並木伸一郎氏の「世界の超常現象FILE2017」と「ミステリーサークル2017」について、ご紹介頂きました。
今回は、テレポーテーションの話題についてナツキ君と話をしている中で、過去に学研から出版された「モントークプロジェクト 謎のタイムワーク」に関する本を紹介したのですが、最近はこの「モントークプロジェクト」に関係した話題が聞かれないことから、この本の編著・訳をされた並木氏へ急遽電話でお話しを伺うことにしました。
これについては、20日月曜日の午後1時から、鹿角きりたんぽFM・79,1MHzで放送です。

◎この本にあるモントークプロジェクトとは、1943年に米軍の実験船「エルドリッジ号」で行われたというものですが、当時の船舶をレーダ―に探知されない為のレーダ―不可視化の実験中に起きたという極めて異常な現象のできごとについて、この本ではある人物の証言を元に書かれています。
この「モントークプロジェクト」の実験を元にした映画「フィラデルフィア・エクスペリメント」があります。ご覧になった方は少なからずいるのではないでしょうか。

IMG_6533
・モントークプロジェクト
 「謎のタイムワープ」
 プレストン・二コルズ+ピータームーン著
 並木伸一郎編著・訳
 学研 1993年7月10日発行


並木伸一郎c
顧問:並木伸一郎氏
 超常現象・怪奇現象研究家
 日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
 米国UFO研究団体・MUFON日本代表、国際隠棲動物学会日本通信員
 主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
 封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
 「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
 テレビ番組「超ムーの世界」、その他、雑誌、新聞などでも幅広く活動中

 ◇最新情報
 並木伸一郎氏が主宰する「日本宇宙現象研究会」では、長らく休刊中でした会誌「未確認飛行物体」特別号(104ページにカラー16ページ)を並木会長の古希とUFO70年を記念して11月末に発行予定。
詳細については、追ってご案内致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<鹿角不思議研究所>
・所長:K
・研究助手:なつき

・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。


◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


11月13日放送「月刊ムー12月号記事について紹介」

皆さん、ご機嫌いかがですか。

今回は、お馴染み月刊ムー12月号のご紹介です。並木伸一郎氏にご自身の記事から「世界の超常現象FILE2017」と「ミステリーサークル2017」についてご紹介い頂きましたが、中でもロシアから報じられた即身仏については、実に不思議なものです。また、お馴染みのミステリーサークルについての紹介では、今年のサークルの中には原点回帰が見られるようなものが出現したとのことです。これまでは大規模且つ、精密な幾何学模様が現れていましたが、今になってなぜかシンプルなサークルが現れたのが奇妙です。
他にも、「ファティマと秋田ふたつのマリア像が対面‼︎」ほか、興味を引く記事が多数ありますので、是非お近くの書店でどうぞ。
IMG_6482b
 月刊ムー12月号 11月9日発売 800円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

並木伸一郎c
顧問:並木伸一郎氏
 超常現象・怪奇現象研究家
 日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
 米国UFO研究団体・MUFON日本代表、国際隠棲動物学会日本通信員
 主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
 封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
 「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
 テレビ番組「超ムーの世界」、その他、雑誌、新聞などでも幅広く活動中

 ◇最新情報
 並木伸一郎氏が主宰する「日本宇宙現象研究会」では、長らく休刊中でした会誌「未確認飛行物体」特別号が、並木会長の古希とUFO70年を記念して11月末に発行予定です。
総ページ数104ページにカラーページもある豪華なものになります。詳細については、追ってご案内致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。


◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

11月6日放送「新聞記事・UFO伝説をたどって」記者に聞く

皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、いつものように東京の並木顧問と電話を繋いで先月14日のパーティでの様子などについてお話しを伺いました。また、先月届いた朝日新聞全国版の夕刊記事「UFO伝説をたどって」について、その記事の主な内容などを簡単にご紹介しましたが、この記事をお書きになった朝日新聞記者の小泉氏がこのほど再訪されました。その際、新聞記事についてなど、ご本人にお話しを伺いましたので、その時の様子をお聴きいただきます。
IMG_6237b
 朝日新聞東京本社・報道局編集委員:小泉信一様

IMG_6381
 鹿角きりたんぽFMスタジオ前の記事ファイル(全10回分)

前回のブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

放送は、鹿角きりたんぽFM 79,1MHzで放送。

・毎週月曜日、午後1時~1時30分 
・再放送:水曜日午前9時~
・再放送:木曜日午後2時~
・再放送:土曜日夜7時~

◇全国どこからでも聴くことができます。
インターネットサイマル放送
 http://csra.fm/blog/author/fm791/

スマホからは、こちら
 http://fm791.net/keitai/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<鹿角不思議研究所スタッフ>
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。


◇メール、FAXの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便の宛先
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」宛

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
最新記事(画像付)
アクセスカウンター
  • 今日:

  • ライブドアブログ