鹿角不思議研究所

鹿角きりたんぽFMで毎週放送の番組、「鹿角不思議研究所」について、ご紹介致します。

2017年05月

5月29日放送「並木伸一郎氏の最新情報」など

皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、今月号の月刊ムー6月号に掲載の並木伸一郎氏の記事をご紹介いただきましたが、今回も引き続きムー誌の記事についてお話しを伺いました。

前回ご紹介頂いたスマトラ島に現れたという小人族の映像については、海外のテレビ番組でも取り上げられ話題になったようですが、続報が無いため様々な憶測を呼んでいます。
今回は、ムーの次号にも掲載予定の血の涙を流す聖母マリア像について、最近も発生していることをご紹介頂きました。奇跡とも言われるこの現象については、秋田県でも過去に涙を流すマリア像のことが話題になった時期があり、過去には並木氏が取材に訪れたことがありました。秋田市にあるカトリック系の
聖体奉仕会にある木製の聖母マリア像、それが涙を流したことは日本の聖母マリア像に起きた奇跡として認定された貴重なケースです。(手の甲からは血が流れ出たとも言われており、いずれも人間の体液との鑑定がされたものです)
このようにマリア像から血の涙が出る現象については、奇跡としてみとめられたものが世界にはありますが、なぜか最近も海外で血の涙を流す聖母マリア像現象が起きていると言うことです。来月発売のムー誌に、そのマリア像に関する並木氏の記事が掲載予定ですので、詳しくは、来月発売の月刊ムー7月号をご覧いただきたいと思います。

FullSizeRender (9)
「月刊ムー」7月号記事予告

さて、26日夜には、国際宇宙ステーションが好条件で目視観測できることを
鹿角不思議研究所のFacebookでご案内しました。当日は、19時28分頃からの出現を待って鹿角花輪駅前の鹿角きりたんぽFMの前で数人が観測を行いましたので、当日撮影した静止画像と動画をFacebookでご紹介しました。(こちらへもご紹介いたします)
今回は、関東から東北にかけて好条件でしたので当地秋田県鹿角市でもよく見えましたが、また機会があればご案内いたしますので、まだ見たことが無い方は是非ご覧いただきたいと思います。

◇5月26日
 国際宇宙ステーション「きぼう(日本のユニット)」秋田県北方面の時間と方位など

⚪︎見え始め時間、19時28分ころ、南南西、仰角26度。

⚪︎最大仰角、19時30分ころ、南東、仰角51度。

⚪︎見え終わり、19時33分ころ、東北東、仰角12度、

◇「きぼう」について、詳しくは「宇宙航空研究開発機構」のHP「きぼうを見よう」をご覧下さい。


鹿角花輪駅前の鹿角きりたんぽFM前から観測。
駅隣のJA方向の上空➡︎木星を通過➡︎ホテル茅茹荘方向の上空を通過➡︎消失。

IMG_5182
 19時28分ころ、雲が少しあった鹿角花輪駅隣りJA上空付近に出現
IMG_5187
 丁度、ひときわ明るく輝く木星に接近するかのような場面
IMG_5188
 通過
IMG_5185
 画像は、iPhonで撮影

 上の動画はこちら


並木伸一郎b
 顧問:並木伸一郎氏
 超常現象・怪奇現象研究家
 日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
 米国UFO研究団体・MUFON日本代表、国際隠棲動物学会日本通信員
 主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
 封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
 「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
 雑誌、新聞などでも幅広く活動

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

放送は79,1MHz「鹿角きりたんぽFM」をお聴きください

◇放送曜日と放送時間のご案内
・毎週 月曜日 午後1時~1時30分
・再放送水曜日 午前9時~
・再放送木曜日 午後2時~
・再放送土曜日 夜7時~

放送エリア以外では、インターネットサイマル放送をご利用いただくと全国どこからでもお聴きいただけます。

また、スマホは、リスラジなどでもお聴きいただけます。

詳しくは、鹿角きりたんぽFMのホームページをご覧ください。
http://fm791.net/keitai/ 


◇鹿角不思議研究所スタッフ
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メールの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便住所
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

◎情報員より

お気楽ファルコンさんから

ご苦労様だす、所長、夏木さん。
 テレビなんだすども、BS。 ちょー、ムーの世界。はまってます。
くろまんた、入りました。すげーな、ムー。 くろまんた、のスソにつづみ、ぬま?
 水抜いたら階段有ったりして~? ロマンだすなぁー。

ファルコンさん、「超ムーの世界」は、現在Rがついてからもシリーズがどんどん続いているようです。K



5月22日放送「並木伸一郎氏、月刊ムー・最新UMAレポート記事紹介」ほか

皆さん、ご機嫌いかがですか。

今回は、月刊ムー誌のメインライターのお一人、並木伸一郎氏に、引き続き今月号のUMA最新レポート「スマトラ島に小人族が出現!!」(P4)の記事についてご紹介頂きました。
また、同誌には2色刷り特集として、弘前市で無農薬のリンゴづくりで話題の木村秋則氏のUFO体験についての記事「奇跡のリンゴ 木村秋則のUFO体験」(P117)がありましたので、これについてもご紹介します。
木村氏のUFO体験については、昨年、ゲストにお迎えした石川県羽咋市の妙法寺ご住職高野誠鮮氏にUFOの話題をお話いただいた際に、木村氏の不思議なUFO体験について触れられましたが、その時にお話しされていたことがムー誌の特集記事の中にもいくつか紹介されています。是非、今月号のムー誌の記事をご覧ください。

・学研PLAS ムー6月号
・2016年9月5日放送「UFO特集」ゲスト、高野誠鮮氏

並木伸一郎b
 顧問:並木伸一郎氏
 超常現象・怪奇現象研究家
 日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
 米国UFO研究団体・MUFON日本代表、国際隠棲動物学会日本通信員
 主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
 封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
 「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
 雑誌、新聞などでも幅広く活動

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

放送は79,1MHz「鹿角きりたんぽFM」をお聴きください

◇放送曜日と放送時間のご案内
・毎週 月曜日 午後1時~1時30分
・再放送水曜日 午前9時~
・再放送木曜日 午後2時~
・再放送土曜日 夜7時~

放送エリア以外では、インターネットサイマル放送をご利用いただくと全国どこからでもお聴きいただけます。

また、スマホは、リスラジなどでもお聴きいただけます。

詳しくは、鹿角きりたんぽFMのホームページをご覧ください。
http://fm791.net/keitai/


◇鹿角不思議研究所スタッフ
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メールの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便住所
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

◎情報員より

 ・群馬県のぶちねこさん
 5月に起きたUFO関連の出来事です。
最近CIAの秘密ファイルが話題になってますが、FBIでもUFO関連の秘密文書がありました。
1952年5月、FBIのサンディエゴ支局長はフーバー長官に秘密文書を出しました。
その内容はジョージ・アダムスキーなる人物がUFOと宇宙人に関する発言をしてるとの事でした。
当時アダムスキー氏はアメリカ政府に批判的な意見と、ソ連に好意的な発言もしてたので、
FBIにマークされていたようです。
調査の結果「無害な変わり者」と判断され、逮捕などはありませんでした。
 

 ・岩手県の悪の漢学者さん
 三内丸山遺跡には二度行っているので八日の放送を楽しく聞きました。他にも 青森県の話題をいろいろ聞きたい。  弘前市なら年に数回は行くけれど木造町はまだ行った事が無い。遮光器土偶に 象徴される縄文遺跡には大変興味があります。

 所謂「古史古伝」。以前、青森市の青森県郷土館で東日流外三郡誌について 「偽書と言う事で結論は出ているか」と尋ねたら「今も信じている人はいる」と 言う回答でした。  
神代文字については、漢字研究の分野からは偽物と断定されている。その理由 は ・一見してハングルとそっくり ・文字は伝わるがその文字で書かれた文献が無い ・古代の音韻と合致しない 等。  私は、かの有名な故・白川靜や京大の阿辻哲次氏の漢字研究の著作をいろいろ 読んで大学でも漢字の歴史の科目を履修しましたが、名のある漢字学者で神代文 字を肯定している人は寡聞にして知らず。神代文字は相手にする価値は無さそう です。  東北大学図書館で狩野亨吉についての企画展があった時に古史古伝についての 展示もありました。狩野は鹿角市の隣の大館市出身なので、いつか番組で採り上 げて欲しいものです。

5月15日放送「今月は秘密結社をピックアップ」月刊ムー6月号から並木顧問の記事紹介

皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、秋田奇々怪会の鈴木陽悦会長に三内丸山遺跡へのバスツアー案内の様子などを伺いました。
今回のバスツアーは、すぐ満員になるほどの人気で毎回好評のようです。過去のバスツアーでは大湯環状列石、黒又山なども訪問しているそうですが、是非また鹿角へお越し頂きたいと思います。
秋田奇々怪会では会報100号を発行されましたが、今春よりブログを開始されましたので、興味ある方は是非そちらをご覧いただいて、会の活動に興味を持ちましたら直接問い合わせてみてはいかがでしょうか。
秋田奇々怪会

さて、今回は月刊ムー6月号が発売になりましたので、いつものように並木伸一郎氏の記事を並木氏に電話でご紹介頂きました。今月号は、最新古代文明レポート「レーザー探査で南極に超古代遺跡を発見!!」です。氷床下2.3Kmに発見したものとは・・・
また、今月は、なつき君が興味ある「秘密結社」について取り上げていますので並木伸一郎氏にお話を伺いました。「秘密結社」としては、イルミナティ、フリーメイソンが知られていますが、その実態は全貌が表に出てこないこともあり、謎の多い闇の組織との印象が強いと思います。果して、その実態はどのようなものなのでしょう。
秘密結社に関するものとしては、並木伸一郎氏の著書にもありますので、そちらをご一読お勧め致します。

FullSizeRender
月刊「ムー」6月号 5月9日発売
・最新古代文明レポート 文:並木伸一郎
「レーザー探査で南極に超古代遺跡を発見!!」P6
今回ご紹介の記事以外に最新UMAレポートもあります。

FullSizeRender (5)
三笠書房・並木伸一郎著 
※この本は、鹿角きりたんぽFMスタジオ前にあります。

FullSizeRender (4)
竹書房・並木伸一郎著 2010年5月5日発行


並木伸一郎b
顧問:並木伸一郎氏
超常現象・怪奇現象研究家
日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
米国UFO研究団体・MUFON日本代表、国際隠棲動物学会日本通信員
主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
雑誌、新聞などでも幅広く活動

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

放送は79,1MHz「鹿角きりたんぽFM」をお聴きください

◇放送曜日と放送時間のご案内
・毎週 月曜日 午後1時~1時30分
・再放送水曜日 午前9時~
・再放送木曜日 午後2時~
・再放送土曜日 夜7時~

放送エリア以外では、インターネットサイマル放送をご利用いただくと全国どこからでもお聴きいただけます。また、スマホは、リスラジなどでもお聴きいただけます。

詳しくは、鹿角きりたんぽFMのホームページをご覧ください。
http://fm791.net/keitai/ 


◇鹿角不思議研究所スタッフ
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メールの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便住所
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

◎情報員より

・岩手県、悪の漢学者さん
先日紹介した「焼石岳に出現する『ハル』の字」。いよいよ出現したので撮影 しました。
撮影日(五月五日)の少し前には地元FM局の番組で「『ハ』の字の 輪郭がまだ不鮮明」
と言われていたのが綺麗に出た。
18360347_1085860001557768_1204315606_n
18254429_1085860004891101_320138464_n


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<ESP実験の正解発表>
問題のカード
ESPカード

下が正解です。
IMG_5102

5月8日放送「三内丸山遺跡・秋田奇々怪会バスツアー」鈴木陽悦会長に聞く

皆さん、ご機嫌いかがですか。

ゴールデンウィーク中は、不思議を求めてどこかへお出かけになりましたでしょうか。
前回は、盛岡特派員の落合昭彦氏とミステリアスな山のお話をお送りしました。中でも十和田高原のドコノ森にある線刻模様の石は、同じようなものが岩手県の姫神山にあることを落合氏から紹介して頂きましたが、これについては盛岡市の高橋政彦氏も「ふうらい」(休刊)の岩手のピラミッドについて姫神山を探索された時のことが書かれた記事でも紹介されています。

さて、先月26日、秋田奇々怪会による春の恒例バスツアーが行われました。今回のバスツアーについては、同会の鈴木陽悦会長から事前に三内丸山遺跡へ行くとのことをご連絡を頂いていましたので、当日は朝からあいにくの雨降る中を東北自動車道を青森市へ向けて北上、約1時間ほどで三内丸山遺跡へ到着しました。丁度、三内丸山遺跡の前にある「縄文時遊館」入り口では、鈴木陽悦会長をはじめ秋田奇々怪会の今回の参加者25名が集合し記念写真の撮影中でした。
今回のバスツアー参加者の平均年齢が鈴木陽悦会長よりも上の方々と聞き、なるほど鈴木会長はまだお若いほうとのことで一番元気そうな様子でした。間もなく、皆さん見学へ移動されるところを鈴木会長に少々お時間を頂いて今日のバスツアーについてお話を伺いました。その後、遺跡見学の皆さんを追いかけて、大型竪穴建物跡に復元された建物内で合流しましたが、雨がやむ様子もないので皆さんが見学を続ける中、早々に引きあげてきました。
今回のツアーの様子についてなど、現地での鈴木会長のお話は短時間でしたので、その他の見学地についてなど電話でお話を伺いました。

suzuki&k
 秋田奇々怪会・鈴木陽悦会長とK
IMG_4860b
 ↑「縄文時遊館」 
IMG_4845

IMG_4848
 ↑縄文時遊館から遺跡へ向かう時遊トンネル前
IMG_4851b
 ↑小雨の中、大型竪穴建物跡に復元された建物に向かう鈴木氏
IMG_4850b

FullSizeRender

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

d0196724_0535037
 ◇鈴木陽悦氏
 「秋田SF研究所」特別顧問、「秋田奇々怪会」会長
 月刊「釣り東北」、コラム「東北見聞録~謎と不思議と珍談と」連載中
 元秋田テレビ・ニュースキャスター、クロマンタ調査団メンバーとして活躍
 著書:「クロマンタ・日本ピラミッドの謎を追う」評論社、1993年3月発行

<秋田奇々怪会ブログ>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<放送曜日と放送時間のご案内>
・毎週 月曜日 午後1時~1時30分
・再放送水曜日 午前9時~
・再放送木曜日 午後2時~
・再放送土曜日 夜7時~

・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。

https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆さんからの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。 

☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◇鹿角不思議研究所では不思議情報と情報員を募集中です。

メールの宛て先は、radio@fm791.net
FAX番号は、0186-25‐8817

〒018-5201
秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM 番組名「鹿角不思議研究所」まで
放送は79,1MHz「鹿角きりたんぽFM」 

または、インターネットサイマル放送をご利用いただくと全国どこからでもお聴きいただけます。
詳しくは、鹿角きりたんぽFMのホームページをご覧ください。
http://fm791.net/keitai/ 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<情報員からのメッセージ>


◇岩手県の悪の漢学者さん
 懐かしいですなユリ・ゲラー。昭和五十年代、日テレの木曜スペシャル等を見ていました。
生放送だったのか収録だったのかは記憶が定かではない。彼が日本語で「動け!」と言っていたのが印象深い。よく「壊れたラジオや時計を用意して」と呼びかけていたけれど、我が家では親父が修理が得意なので壊れた機械そのものが無かった。

先日、天気が良かったので北上市立博物館と、ピラミッド説のある同市内の飯豊森を回って来ました。
写真その1とその2、博物館は昨年九月に改装。建物自体は変わりませんが剝製や岩石等の自然系の展示は新設の和賀分館に移される。この本館は歴史専門になり、縄文土器、ストーンサークル樺山遺跡、謎の古代寺院、伊達と南部の藩境、北上川舟運等が展示される。ずらりと並ぶ土器の展示は見事。
ストーンサークルは墓ではないかと説明されている。以前あった近現代の展示は全て無くなる。
窓口で飯豊森についての展示や資料は無いかと尋ねると、特に展示は無いと言う。学芸員氏はピラミッド説を知らない様子。持参したムーブックス鈴木旭著を見せてこれから行く所だと話すと学芸員氏は少し時間をくれと言って調べ物をして、地名辞典や郷土誌のコピーをくれる。岩手県内に飯豊と言う地名は他にもあるようだが、特にピラミッド説の記述は無し。
イオンシネマで映画を見てからいよいよ飯豊森に向かう。高速道路のそばにあり、またすぐ近くに民家や田畑があって、特に秘境と言うわけではない。
写真その3は南側からの風景。南東の登山口から階段を上って十分もかからずに頂上に着く。観音堂、写真その4いくつかの石碑、写真その5三角点があるが特に「不思議な何か」を感じるわけでもなく、普通の丘である。乗り付けた愛車のエンジンは帰りにもきちんとかかったし、デジタルカメラやスマートフォンにも不具合は起きず、おかしなものが写ったわけでもない。既に鈴木著が詳しく述べているので更に付け加える事も特に無い。本当にピラミッドなのかどうかは判断がつかないが、綺麗な形の山なのは確か。 尚、博物館の学芸員氏にはこの番組の事も話しておきました。
DSCN6199
↑その1
DSCN6204
↑その2
DSCN6211
↑その3
DSCN6227
↑その4
DSCN6228
↑その5
DSCN6212

DSCN6222

DSCN6217

DSCN6230

今年はクロマンタに行ってみたいと思いますが、やはり去年の熊騒動を思い出す。まだ行かない方がいいのでしょうか。

※悪の漢学者さんには、ご感想ご意見等いただきまして誠にありがとうございます。なかなか詳しくご紹介出来ないことも多々ありますがご了承ください。
今年も早くも雲出没注意の警戒情報が出ていますが、今のところクロマンタ周辺での情報は無いようです。いずれ、朝方と夕方近くは特に注意したほうが良いそうです。K

5月1日放送「十和田高原・ドコノ森、線刻模様石の謎」盛岡特派員・落合昭彦氏が来所

皆さん、ご機嫌いかがですか。

 ようやく満開の桜を楽しめる頃となりましたが、皆さんはこの連休中にどこかへ不思議探しにお出かけでしょうか。
鹿角へお越しの際は、「鹿角不思議研究所」へもお立ち寄りください。場所は・・・
鹿角市内の要所、黒又山、大湯環状列石周辺などでは満開の桜が観れることでしょう。

前回は、プロレスラーのザ・グレード・サスケ氏に超常現象についてお話を伺いました。プロレスの試合では、度々大怪我をされているサスケ氏ですが、その回復力は超人的かもしれません。ゴールデンウイーク中は試合が続くようですので、是非パワフルなザ・グレート・サスケ氏の試合をご覧いただきたいと思います。(連休中の試合日程は、最下にご案内致します)

さて、今回は久し振りに盛岡特派員の落合昭彦氏が来所されましたので、一緒に十和田高原にあるドコノ森の線刻模様の石について、姫神山にも同じような石があることや七時雨山の不思議などを交えながらのお話となりました。

ドコノ森
 青森県三戸郡三戸町(googleマップ)

DSC_2271b
えふえむ花巻落合昭彦局長(FMOne局長&パーソナリティ)
・元テレビ東京社員、元岩手めんこいテレビアナウンサー
・不思議な世界、特に歴史的な不思議やオーパーツなどに興味を持っている。
・テレビ、ラジオ界に長年従事、司会などでも活躍中
◎鹿角不思議研究所の盛岡特派員としてご協力いただいています。
FMOne
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

<放送曜日と放送時間のご案内>
・毎週 月曜日 午後1時~1時30分
・再放送水曜日 午前9時~
・再放送木曜日 午後2時~
・再放送土曜日 夜7時~
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◇鹿角不思議研究所では不思議情報と情報員を募集中です。

 皆様からのメッセージもお待ちしています。

 メールの宛て先は、radio@fm791.net
 FAX番号は、0186-25‐8817

〒018-5201
秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM 番組名「鹿角不思議研究所」まで

放送は79,1MHz「鹿角きりたんぽFM」 

または、インターネットサイマル放送をご利用いただくと全国どこからでもお聴きいただけます。
詳しくは、鹿角きりたんぽFMのホームページをご覧ください。
http://fm791.net/keitai/ 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<情報員さんからのメッセージ>
岩手県の悪の漢学者さんより

 念写実験の福来友吉博士。先日のテレビ番組では仙台市に今もある福来心理学 研究所や博士の子孫が紹介されていました。  写真は宮城県石巻市にある写真館の看板。「福来」で「写真」だと何だかいろ いろなものが写りそうです。福来博士との関係は未確認。写真館では一旅人とし ては買い物をするわけでもないのにわざわざ立ち寄りにくい。
DSCN6181

☆本名が福来かはともかく、縁起の良い写真館ですね。K


◎岩手県の悪の漢学者さんより
 第14回あきたふるさと手作りCM大賞のテレビ放送の録画ディスクを入手し
ました。テレビではCМの他に舞台での演技、主張もあって面白い。K所長とな
つき助手は舞台でも熱演だったと思います。ラジオ番組が市を代表してCM動画
に出演、舞台にまで登場とは実に快挙だ。
 岩手県南にとって秋田県は隣ではあるけれど、何分にも間に大きな山脈がある
ので宮城県程は身近ではない。私が行った事があるのも鹿角市の他は順不同で横
手市、秋田市、男鹿市くらい。各市町村のCMを見て、行ってみたい場所、見て
みたい祭がいろいろあったので、いずれ秋田県の各地を探訪したいものです。郷
土芸能の中に岩手県のとよく似ているのがあった。

☆CM大賞をご覧いただきありがとうございます。鹿角市のCMがそのまま番組のCM
 にもなっています。ご覧になった方が、鹿角市に興味を持って頂けましたら幸
 いです。


<あきたふるさと手作りCM大賞>
 鹿角市 鹿角不思議研究所

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<ザ・グレート・サスケ試合情報>

<みちのくプロレス・ゴールデンウイークの試合>
ゴールデンウイークツアー2017
5月2日(火)18:30試合開始 山形・酒田市勤労者体育センター
5月3日(水・祝)14:00試合開始 青森・青森市はまなす会館
5月4日(木・祝)14:00試合開始 青森・八戸市八食センターくりやホール
5月5日(金・祝)14:00試合開始 秋田・秋田市セリオンプラザ
5月6日(土)18:30試合開始 岩手・矢巾町民総合体育館
5月7日(日)14:00試合開始 宮城・仙台市泉区・仙台ジョイテルホテルみちのくホール
※詳細については、みちのくプロレスホームページをご覧ください
 
最新記事(画像付)
アクセスカウンター
  • 今日:

  • ライブドアブログ