皆さん、ご機嫌いかがですか。

今回は、月刊ムー誌のメインライターのお一人、並木伸一郎氏に、引き続き今月号のUMA最新レポート「スマトラ島に小人族が出現!!」(P4)の記事についてご紹介頂きました。
また、同誌には2色刷り特集として、弘前市で無農薬のリンゴづくりで話題の木村秋則氏のUFO体験についての記事「奇跡のリンゴ 木村秋則のUFO体験」(P117)がありましたので、これについてもご紹介します。
木村氏のUFO体験については、昨年、ゲストにお迎えした石川県羽咋市の妙法寺ご住職高野誠鮮氏にUFOの話題をお話いただいた際に、木村氏の不思議なUFO体験について触れられましたが、その時にお話しされていたことがムー誌の特集記事の中にもいくつか紹介されています。是非、今月号のムー誌の記事をご覧ください。

・学研PLAS ムー6月号
・2016年9月5日放送「UFO特集」ゲスト、高野誠鮮氏

並木伸一郎b
 顧問:並木伸一郎氏
 超常現象・怪奇現象研究家
 日本宇宙現象研究会、日本フォーティアン協会会長
 米国UFO研究団体・MUFON日本代表、国際隠棲動物学会日本通信員
 主な著書:「UFO入門」、「未確認動物UMA大全」、「未確認生物目撃ファイル」
 封印怪談」、「大江戸怪奇事件ファイル」、「最強の都市伝説」、「オーパーツの謎」
 「NASA秘録」、ムーブックスなど多数の著籍、翻訳あり、月刊「ムー」誌メインライター
 雑誌、新聞などでも幅広く活動

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

放送は79,1MHz「鹿角きりたんぽFM」をお聴きください

◇放送曜日と放送時間のご案内
・毎週 月曜日 午後1時~1時30分
・再放送水曜日 午前9時~
・再放送木曜日 午後2時~
・再放送土曜日 夜7時~

放送エリア以外では、インターネットサイマル放送をご利用いただくと全国どこからでもお聴きいただけます。

また、スマホは、リスラジなどでもお聴きいただけます。

詳しくは、鹿角きりたんぽFMのホームページをご覧ください。
http://fm791.net/keitai/


◇鹿角不思議研究所スタッフ
・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏
・盛岡特派員:落合昭彦氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

鹿角不思議研究所では、皆様からの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。

◇メールの宛て先 
 radio@fm791.net
 FAX番号:0186-25‐8817

◇郵便住所
〒018-5201秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM「鹿角不思議研究所」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

◎情報員より

 ・群馬県のぶちねこさん
 5月に起きたUFO関連の出来事です。
最近CIAの秘密ファイルが話題になってますが、FBIでもUFO関連の秘密文書がありました。
1952年5月、FBIのサンディエゴ支局長はフーバー長官に秘密文書を出しました。
その内容はジョージ・アダムスキーなる人物がUFOと宇宙人に関する発言をしてるとの事でした。
当時アダムスキー氏はアメリカ政府に批判的な意見と、ソ連に好意的な発言もしてたので、
FBIにマークされていたようです。
調査の結果「無害な変わり者」と判断され、逮捕などはありませんでした。
 

 ・岩手県の悪の漢学者さん
 三内丸山遺跡には二度行っているので八日の放送を楽しく聞きました。他にも 青森県の話題をいろいろ聞きたい。  弘前市なら年に数回は行くけれど木造町はまだ行った事が無い。遮光器土偶に 象徴される縄文遺跡には大変興味があります。

 所謂「古史古伝」。以前、青森市の青森県郷土館で東日流外三郡誌について 「偽書と言う事で結論は出ているか」と尋ねたら「今も信じている人はいる」と 言う回答でした。  
神代文字については、漢字研究の分野からは偽物と断定されている。その理由 は ・一見してハングルとそっくり ・文字は伝わるがその文字で書かれた文献が無い ・古代の音韻と合致しない 等。  私は、かの有名な故・白川靜や京大の阿辻哲次氏の漢字研究の著作をいろいろ 読んで大学でも漢字の歴史の科目を履修しましたが、名のある漢字学者で神代文 字を肯定している人は寡聞にして知らず。神代文字は相手にする価値は無さそう です。  東北大学図書館で狩野亨吉についての企画展があった時に古史古伝についての 展示もありました。狩野は鹿角市の隣の大館市出身なので、いつか番組で採り上 げて欲しいものです。