皆さん、ご機嫌いかがですか。

前回は、並木伸一郎氏に月刊「ムー」3月号の記事についてご紹介頂きました。
中でも、総力特集・″ナチスUFOと異星人接近遭遇「甲府事件」の謎”の中に登場する当時小学生だった二人の奇妙な事件については、これまでにも幾度かご紹介していましたが、先日フジ系テレビ番組で放送された番組の中で、当時小学生で現在は50代となった二人のインタビューが紹介されました。
近年、並木氏は二人のうちの一人に会いしお話を聴く機会があったものの、当時のことについては多くを語らず、そっとしておいて欲しいとあまり表には出たくない様子だったようですが、そのような彼らがテレビカメラの前に出ただけでも珍しいことです。しかも、彼らが現地で当時の様子を話すなどは想像もできなかったことです。彼らの証言は、今から40年も前の当時小学生のときに起きたできごとについて思いだしながら、これまでに知られていることと変わることなく語っていたその様子は印象深いものでした。

2月20日放送「あの事件がムー記事に」並木顧問にご紹介頂きました。
http://fusigikenkyujyo.blog.jp/archives/12570264.html

12月5日放送「あのUFO事件の現場には、原子炉が存在した!?」
http://fusigikenkyujyo.blog.jp/archives/9010323.html


さて、今回は秋田奇々怪会の鈴木会長に、会報100号の記事にあります湯沢市周辺のツアーで訪れた「三途川渓谷」について伺いました。三途川とは実に珍しい地名です。それにちなんだ場所とあって川原毛地獄へ行く途中には「三途川橋」があり、そこには閻魔様とお地蔵様が鎮座しているのです。会報には、それらの写真も掲載されていますが、とてもユニークといった趣でもあります。

FullSizeRender (1)
 会報:第100号

◇秋田奇々怪会のご案内
会長:鈴木陽悦氏
創立:平成4年
例会:春季、秋季 年2回 マイクロバスで探訪
会報発行:年鑑4~5回 
入会金:なし
年会費:一般 2000円 夫婦会員 3000円
事務局:秋田市伊藤宅


d0196724_0535037
◇鈴木陽悦氏
 「秋田SF研究所」特別顧問、「秋田奇々怪会」会長
 月刊「釣り東北」、コラム「東北見聞録~謎と不思議と珍談と」連載中
 元秋田テレビ・ニュースキャスター、クロマンタ調査団メンバーとして活躍
 著書:「クロマンタ・日本ピラミッドの謎を追う」評論社、1993年3月発行

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎次回3月6日放送では、並木伸一郎氏に著書「死後の世界の秘密がわかる本」についてご紹介頂く予定です。
死後の世界
・並木伸一郎:著
・発行:Gakken


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<放送曜日と放送時間のご案内>
・毎週 月曜日 午後1時~1時30分

・再放送水曜日 午前9時~

・再放送木曜日 午後2時~

・再放送土曜日 夜7時~

・所長:K
・研究助手:なつき
・顧問:並木伸一郎氏

Facebook「鹿角不思議研究所」も併せてご覧ください。


https://www.facebook.com/kazunofusigi/fref=ts


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


鹿角不思議研究所では、皆さんからの不思議体験などを募集しています。
不思議な体験、怖い体験など何でも結構ですので、お待ちしています。 

☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◇鹿角不思議研究所では不思議情報と情報員を募集中です。

メールの宛て先は、radio@fm791.net
FAX番号は、0186-25‐8817

〒018-5201
秋田県鹿角市花輪字下中島12-2
鹿角きりたんぽFM 番組名「鹿角不思議研究所」まで
放送は79,1MHz「鹿角きりたんぽFM」 

または、インターネットサイマル放送をご利用いただくと全国どこからでもお聴きいただけます。
詳しくは、鹿角きりたんぽFMのホームページをご覧ください。
http://fm791.net/keitai/ 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<情報員からのメッセージ>

・鹿角市ファイティングファルコンさん

どうも、どうも、お気楽FFだす。
所長、ビ
ーナスエースなつきさん、いつも寸晴らし~ゲスト、凄いす。
並木先生の宇宙のオーパーズ ありがとう御座いました。
火星探索、きゅうりおシティーの映像は、鮮明に移る、ワ~ム、スライムみでったやず、
火星に幽霊、女性のドレス着た、ボッキュウぼんいだす、不思議 だなぁ。
絶対有るす。僕も、あだりほどり、目を凝らして虫メガネ、老眼鏡、双眼鏡、望遠鏡見て、となりの奥さんの不思議発見したいと思います。
お気楽FFより。ご苦労様だす、まだなっしー。 奥さんは冗談す。
冬に見た、縦に真っ直ぐな虹、綺麗でした。もう一度見たいもんだす。

◇FFさん、不思議発見したら是非情報お寄せ下さい。K


・群馬県ぶちねこさん

2月に起きたUFO事件の紹介です。
1942年2月25日深夜にアメリカ、ロサンゼルス上空に正体不明の飛行物体が複数出現しました。
レーダーと肉眼で確認されて太平洋戦争中という事もあり軍が対空砲で応戦しましたが、 墜落はありませんでした。 地名よりロサンゼルスの戦い(バトル・オブ・ロサンゼルス)と呼ばれてます。戦後に日本軍では無かった事が判明してUFO事件として扱われてます。 軍が実際に発砲した稀なUFO事件です。 なお、有名な大都市で起こったという事もあり、いくつかの映画の題材にもなってます。
◇画像分析により確かにUFOが写っているとするものもありましたが、果してその実態は謎のままです。戦時中に於けるUFOの映像や証言は、当時の状況を見るにどこまで信頼できるものなのか、今となっては検証は難しいもの です。K